この記事の画像(23枚)

名古屋市港区の「レゴランド・ジャパン」は、他のレジャー施設と同様、集客に苦しんでいる中、少しでも来てくれたお客さんに楽しんでもらおうと奮闘している。

都市や観光名所をレゴブロックで再現した「ミニランド」に、ウーバーイーツのドライバーを置いたり、人形にはフェイスガードを付けたりと“今”を感じられる仕掛けがされていた。

密回避のため整理券発行システム導入…コロナ禍のレゴランド

「レゴランド・ジャパン」では、アトラクションや園内のオブジェなど、来園者が触れる可能性のある箇所はこまめに消毒したり、レゴブロックに抗ウイルスのコーティングをほどこしたりと感染予防を徹底している。

その中で、4月から混雑緩和を目的に導入された新たなシステムが「Airウェイト」だ。「サブマリン・アドベンチャー」で試験的に導入された。

アトラクションに乗る際、タッチパネルで人数と希望時間を選択すると、整理券が発行されるシステムで、並ぶ必要がないので待ち時間での“密回避”につながる。

道頓堀のあの看板もリアルに再現…デンマーク本社がデザインする「ミニランド」

こうした中、コロナ禍でも来園してくれる人を少しでも楽しませようと、日々変化しているエリアが、国内の都市や観光名所をレゴブロックで再現した「ミニランド」だ。

東京駅や浅草、京都の清水寺に姫路城、それに札幌の時計台など。これらは全てデンマークの本社で作られ、運ばれてきた。外国人のスタッフが、グーグルマップのストリートビューなどを見ながら、旅行気分で街のデザインをしているとのこと。
外国人が手掛けているため、少しユニークな部分も…

ミニランドの担当者:
(建物などに書かれた)漢字が「分かるけど…ちょっと違うぞ」というのがいくつかあるんです。それがまた面白い

特に注目なのが、大阪。外国人にとって再現するのが難しい漢字でも、道頓堀のあの看板も正確だ。

東京駅は半年かけ補修…定期的にメンテナンスされる「ミニランド」

「ミニランド」では、各所に配置された“ミニランダー”と呼ばれるキャラクターの制作や補修を行うスタッフが、毎日オープン前に見廻りをしている。

ミニランドの担当者:
夜の間に、猫とか鳥が入り込んで、ミニランダーを倒したりとかすることがあるので…

ミニランダーと同じ目線で点検すると、その世界に入っているような感じになるという。定期的な修繕を行っているのはキャラクターだけではない。オープンから2021年で4年。レゴブロックで作られた街並みも、段階的にリニューアルしてきた。

使用されているレゴブロックは、プラスチックのため太陽光に弱く、徐々に淡く変色してしまう。そのため、定期的なメンテナンスが必要だ。

ピカピカの東京駅は、2020年に半年かけてメンテナンス。また、京都の金閣寺と銀閣寺の場所には、ミニランドの住人たちを工事現場で働く作業員にみたて、改修工事を再現していた。

フードデリバリー中のドライバーも…「ミニランド」もコロナ禍を表現

この「ミニランド」は、可能な限り本物の街並みに近付けている。例えば厳島神社の海は、満潮と干潮を表現。20分間隔で水位が変化する仕掛けに。

そして季節に合わせ、植物のブロックの入れ替えも。この日は、桜の木を新緑の木に変え、四季の変化を感じさせる工夫をしていた。

季節以外にも“今”を感じられる仕掛けがある。街並みの中に、フードデリバリーのフードパンダとウーバーイーツのドライバーが。様々な色のマスクを着用している住民もいた。コロナ禍になり、変わった生活様式を反映させている。

渋谷のスクランブル交差点を行き交う人を減らしたり、ライブ会場で生配信したりして、「今」を表現している。

地上へ降ろされた名古屋城の金シャチも…こだわるマニアックな仕掛け

名古屋城にいる「おもてなし武将隊」の顔には、透明なパーツで作られたフェイスシールドが…。とにかく、マニアックな仕掛けにこだわっている。

同・担当者:
何回も来て頂いているお客さん、初めて来るお客さんに、何があるのかな?と見ていただけると…。それが狙いでもあります

名古屋城にはもう1つ、今を感じられる仕掛けがあった。3月に16年ぶりに地上へと降ろされた名古屋城の金シャチだ。現在は栄のミツコシマエヒロバスで特別展示されているが、ミニランドでは、オアシス21に一体が置かれていた。もう一体は、この日は北海道エリアに。2週間ごとに場所を変え、ミニランド全体を巡業の形で廻っている。

リピーターを飽きさせない工夫も…ミニランダーたちの成長物語を演出

もう1つのリピーターを飽きさせない工夫が、ミニランダーの成長ストーリーだ。

ライブ会場で演奏をしているサメの形をしたギターを持つ「サメちゃん」と、ワニのリュックを背負ったドラマーの「ワニちゃん」は、今はステージでライブをしているが…

2人は、昔は演奏者ではなく観客だった。その後、2人は成長し舞台の上へ。ミニランダーたちそれぞれの物語を作り込むことで、リアルさを演出している。

コロナ禍で集客がままならない中でも来場者を楽しませるため、知恵と労力を注ぐスタッフたち。レゴランドは、様々な仕掛けで来場者を楽しませている。

(東海テレビ)