おいしい時期を迎えた枝豆。

2020年、新潟県弥彦村で枝豆農家として独立した男性は、中学校の元教師という経歴の持ち主。教師から農家へ転職した思いを取材した。

教師から農家に転身 「弥彦むすめ」を初出荷

6月20日、弥彦村で新潟市や長岡市から集まった家族が楽しんでいたのは、枝豆のもぎ取り体験。

この記事の画像(17枚)

その後、弥彦産の枝豆をみんなで試食!

参加者:
弥彦の枝豆は、やっぱり味が濃くておいしい

おいしい弥彦産の枝豆が収穫されるのは、太陽が顔を出したばかりの早朝。朝日を浴びながら収穫作業をするのは、上杉圭吾さん(37)。

枝豆農家 上杉圭吾さん:
これは、枝豆の「弥彦むすめ」

県内の枝豆の中で、最も早く出荷される弥彦むすめ。上杉さんにとっては、2021年が農家として初めての出荷だ。

枝豆農家 上杉圭吾さん:
今年から弥彦むすめに挑戦というか、自分で出荷するのは初めて

2年にわたり弥彦村で農業を学び、2020年5月に農家として独立した上杉さん。前職は全くの畑違いだった。

枝豆農家 上杉圭吾さん:
(中学校の)先生をしていて、技術家庭科を教えていました

半年に及ぶ入院生活… “別の人生”へ

中学校で教師をしていた上杉さんが、なぜ農業を目指すようになったのか。転機は7年前に訪れた。

枝豆農家 上杉圭吾さん:
30歳のときに、がんになって入院した

体の不調を感じた上杉さんに見つかったのは悪性リンパ腫。半年に及ぶ入院生活で考えたのが、教師とは別の人生を歩むことだった。

枝豆農家 上杉圭吾さん:
薬の副作用などでなかなか体力が戻らなくて、(学校で)フルタイムで働くのが大変だった。農業に興味を持ったのは、ただ単純に枝豆が好きだったから。とりあえず好きなものからやってみようかなと

弥彦村で枝豆農家の育成事業が行われているのを4年前に知り、2年間の研修を終え農家として独立したのが、2020年5月のことだった。

枝豆農家 上杉圭吾さん:
おいしい枝豆を生産できるように、(先輩農家を)目標にしたい

さやがきれいに見えるよう、弥彦むすめを束ねて出荷する上杉さん。そんな上杉さんのもとを訪れたのは、JA越後中央の渡辺花子さんだ。

JA越後中央 渡辺花子さん:
今まで農家をしていた人が高齢になって農業を離れたり、(枝豆の)栽培面積が減る中で、産地を守るために新しく(就農して)弥彦むすめを守るのは、大切なことだと思っています

そして、村役場で農業振興を担う本田良太さんも、上杉さんを気にかけている1人。独立したばかりの上杉さんを襲った自然の脅威も目の当たりにしていた。

弥彦村 農業振興課 本田良太さん:
(上杉さんは)農業1年目から苦難にさらされている。風で(枝豆畑の)せっかく作った資材が飛ばされた。私だったら心が折れている

枝豆農家 上杉圭吾さん:
台風並みの風で(ビニールシートの)トンネルが飛ばされてしまった。(枝豆の)収量が少なくなった

上杉さんの畑は、春の強風で弥彦むすめを守っていたビニールシートの半分が剥がれてしまい、収穫は予定していた半分に減ってしまった。

それでも…。

枝豆農家 上杉圭吾さん:
終わったことなので、次にどうしていくかが大事。被害の復旧は楽しいわけがないけれど、次の年にうまくできたら楽しいと思える

どんな困難も夢に向かって前へ 上杉さんが思い描く未来

上杉さんが困難に直面しても前を向き続ける理由は、2人の娘。

長女の菜乃香ちゃん(3)と枝豆をもいで、妻の舞さんと家族4人で、一家の大黒柱が育てた枝豆を味わう。

上杉さんの妻 舞さん:
枝豆が無事にできてよかったです。味もおいしい

舞さんに夫の病気が発覚した時のことを話してもらうと…。

上杉さんの妻 舞さん:
(夫の病気を知って)私のほうがまいっていた。心配で…

――農業を始めると聞いたときは?

上杉さんの妻 舞さん:
体のことは心配でしたけど、自分のやりたいことだったら、人生1回ですし。1回死にかけているので、やりたいことをやったほうがいいんじゃないかなと思って、応援していました

家族の支えを力にして困難を乗り越える上杉さんには、思い描く未来があった。

枝豆農家 上杉圭吾さん:
今のまま、普通が続けばいいと思っている

上杉さんの言う“普通”。そこに大きな夢が隠れている。

教師時代に障害がある生徒を受け持った経験を農業に反映したいと考えていた。

枝豆農家 上杉圭吾さん:
障害者雇用を頑張って目指していこうかなと。農福連携と言われるが、私で社会が大きく変わることはなくても、できる範囲で(障害者の)活躍に役立ちたい

家族を守り、農業に夢を広げる上杉さんに農業の先輩たちは…。

農業の先輩:
上杉さんみたいな人がもっと増えたら、今までやってきた人たちの刺激にもなっていいと思う。枝豆農家にとって貴重な財産

また、ある日には、弥彦村の魅力を動画配信するグループが、枝豆を囲む上杉さん家族を撮影。

枝豆農家 上杉圭吾さん:
少しでも弥彦村のアピールになればいいと思って、(動画配信に)協力を

どんな困難も夢に向かって前へ…。おいしい枝豆の物語はまだまだ続く。

(NST新潟総合テレビ)