妊婦の不安につけ込むネット上のデマ…専門家が検証

妊婦へのコロナワクチン接種で起きる影響として、SNSに投稿された「早産の可能性」や「82%が流産!?」という情報。専門家はこれらを「デマ」と指摘している。

この記事の画像(6枚)

コロナ禍の中での妊娠。感染すれば重症化する恐れもあるため、ワクチンの接種が呼びかけられているが…。

【SNSの投稿】
「ワクチン接種を受けた妊婦の82%が流産!?」
「将来、子供の子供が不妊になるらしい」

「流産」「早産」「子供への影響」…妊婦への接種は悪影響があるとする書き込みが、SNSで飛び交っている。

妊婦A:
出産後は打ってもいいかなと思うんですけど。妊娠中はやめておこうかなと思っています

妊婦B:
(赤ちゃんに)副作用などがあるかというのは、まだこれから先じゃないと分からないので、その点については少し不安があります

ワクチン接種で起きる影響について、名古屋市千種区の「星ヶ丘マタニティ病院」の近藤理事長は「流産、早産、死産といった確率が高いという報告はありません」と話す。

日本産科婦人科学会などは、「アメリカで接種した妊婦3万5000人への調査では、出産や胎児に影響は認められなかった」という研究データをもとに、「妊娠中でも接種はできる」と発表。厚生労働省もこれを引用し、希望する妊婦には接種を受けてほしいと呼びかけている。

星ヶ丘マタニティ病院 近藤理事長:
(妊娠して)子宮がどんどん大きくなって、当然胸郭が圧迫されますので肺炎も重症化しやすい。重症化して大変な思いをするよりも、打って予防した方がいいです

妊娠中の接種で気をつけるべきこと

インターネット上にはさまざまなウソの情報が飛び交っている。中には「ワクチンの研究では妊婦127人のうち104人に自然流産を引き起こしたことが明らかになった」など、あたかも何かの文献を引用したように見せかけているものも。

妊娠中の感染は、妊娠していない同世代に比べ重症化のリスクが高くなるといわれ、むしろ感染によって早産などのリスクが上がるとされている。

河野ワクチン担当大臣もブログで、「ワクチンで不妊が起きるという科学的根拠は〈全く〉ない。流産や早産、先天奇形が起こりやすいということも確認されていない」とワクチンによる悪影響を否定している。

妊娠中に接種を受ける場合に考慮した方がいいことを「星ヶ丘マタニティ病院」の近藤理事長に聞いた。

まず、「妊娠13週以降に入ってからの接種」を勧めている。妊娠中の方にも発熱などの副反応が出る恐れはある。妊娠初期や出産間近は避けた方が良いとのこと。

また、できれば接種は「かかりつけの産婦人科で」としている。影響はないといっても、赤ちゃんの様子は気になる。

集団接種など別の場所で受けた場合は、1週間以内には赤ちゃんの様子を診てもらってほしいとのこと。

(東海テレビ)