エジプトのスエズ運河で今年3月に座礁した大型コンテナ船の賠償交渉が合意に達し、現地に留め置かれている船は7日にも航行が再開する見通しであることがわかった。

船の所有者の責任保険を引き受ける事業者「英国クラブ」は4日、スエズ運河庁と進めてきた賠償交渉で正式合意に達したと発表。

また、スエズ運河庁も、4日に合意文書に署名し7日から船の航行が再開する見通しを示した。
賠償額や和解の詳細などは明らかにされていないが、運河庁側は5月に、賠償額を当初の1000億円程度から600億円程度に減額したと述べていた。

一方、船の所有者である正栄汽船は、船は運航再開後、オランダのロッテルダムに向かうとしている。

国際取材部
国際取材部

世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。

記事 454