岐阜県では、2021年の特殊詐欺被害が前年の約2倍に増えている。被害者から現金などを受け取る、いわゆる「受け子」の特徴をまとめた。

服装の他にも4つの特徴 中高年や女性も増加

5月31日、岐阜県警が特殊詐欺事件の被害防止を呼び掛けるため、受け子に多い特徴が書かれたチラシを配った。

服装は、「体形に合っていない大きいサイズのスーツを着ている」「大きなリュックや手提げかばんを持っている」「スーツ姿なのにスニーカーを履いている」など、スーツを着慣れていないようなちぐはぐな格好が多いそうだ。

岐阜県警の警察官も、特徴を踏まえた服装で道行く人に警戒を呼び掛けた。

また服装以外の特徴として、次の4点が挙げられる。

・表札を確認しながら歩いている
・頻繁にスマートフォンを操作し、イヤホンを使って通話している
・ATMなどで複数回、現金を引き出している
・警察など、公的機関や金融機関を装う「偽の身分証」を持っている

この記事の画像(5枚)

受け子はこれまで10代から20代の男性が多いといわれていたが、最近では中高年や女性も増えているという。

岐阜県の特殊詐欺の被害は、2021年は4月末までに91件発生していて、前年の同じ時期の約2倍となっている。

愛知で警察装う偽の身分証を持った受け子を逮捕

名古屋市では5月28日、受け子の男が逮捕された。

守山区内で「あなたのキャッシュカードが不正に使われている」といった複数の不審な電話があったと警察に相談があり、警察が警戒していたところ、路上で不審な男を発見。

任意同行を求めて調べると、中川区の70代の女性の家に警察官を装って訪ね、キャッシュカード1枚をだまし取ったと自供したため、逮捕した。

この不審な男は、服装は私服だったがイヤホンをしながらスマホを操作していて、偽物の警察の身分証を持っていた。

警察に対して男は「任意ですか?」と聞いたそうだが、「任意ですか?」と聞く人は怪しいのでしっかり調べる、というのが警察の職務質問での定石だという。

(東海テレビ)