新型コロナウイルスワクチンの国内での接種回数が、政府の6月10日時点での集計で2000万回を突破した。

政府の集計によると、前日の9日までに報告のあった接種回数は、
医療従事者等が882万3323回、
高齢者等が1156万289回で
合計は2038万3612回となった。

前日の集計からの増加は、9日より前の接種分も含め約102万回で、1回目の接種を終えた人の人数は約1522万人となった。

この記事の画像(3枚)

【関連ページ:新型コロナウイルス特集ページ

記事 1185 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。