「ぎゅっと甘みが…」昔ながらの製法にこだわるのには理由あり

愛知・刈谷市北部の田園地帯で作られている特産品の「切干大根」。
網いっぱいに広げられた、白い千切りの大根が天日干しされる姿は、刈谷の冬の風物詩だ。

この記事の画像(5枚)

刈谷市は昔から大根の生産が盛ん。その中で規格外のものは、例年12月から1月頃に天日干しされ、切干大根になる。

今は機械で乾かす事もできるが、刈谷ではあえて自然の風と光で乾かすことにこだわっている。

大根農家の男性は「滋賀県の伊吹山から吹いてくる強く冷たい“伊吹おろし”で一気に乾かすと、甘みが凝縮されておいしい切干大根ができる」と話す。

2日ほどさらすことで、甘みとうま味が凝縮される刈谷名物・切干大根。令和になった今もその製法は、受け継がれている。

(東海テレビ)