政府は東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に5月11日まで発令している緊急事態宣言について、5月末まで延長する方針を固めた。

また新たに愛知県と福岡県にも5月末まで緊急事態宣言を発令する方針を固めた。
まん延防止等重点措置については、北海道と岐阜県、三重県を適用地域に追加し、宮城県は適用地域から外す方針であることがわかった。
政府は7日に専門家の分科会にこうした方針を諮った上で、政府対策本部で正式に決定する。