秒進分歩と言われるインターネットで、ここ最近「Clubhouse(クラブハウス)」というアプリが急に大きな注目を集めている
 

アプリ画面
この記事の画像(3枚)

Clubhouseとは、アメリカのAlpha Explorationが2020年3月から展開している音声SNSで、今のところiPhone用のアプリが公開されている。
利用は無料だが、参加するには既存ユーザーから招待されるか、名前を登録して公式からの招待が必要になっている。
また1人のユーザーが招待できるのはわずか2人になっており、フリマサイトなどではこの招待枠を高値で出品するケースも出ているという。
 

Clubhouseの最大の特徴は、コミュニケーションに「音声」を使うことだろう。
アプリを開くとたくさんの「ルーム」があり、その中に入ると様々な人の「会話」を文字通り音声で聞くことができる。自分も会話に参加したいときは「挙手」をして招待されるか、または自分でルームを作ることも可能だという。
 

ユーザー間で「フォロー」したりする仕組みあり、Twitterに似ていることから「音声版Twitter」などと呼ばれ、世界では週間約200万人のユーザーが利用しているとも言われるが、なぜこんなに人気なのか?そして「招待枠」の購入に落とし穴はないのか?
ITジャーナリストの三上洋さんに聞いてみた。ちなみに三上さんも、Clubhouseは取材の前日から使い始めたばかりだという。
 

「立食パーティー」のようだなと思いました

――Clubhouseはなぜ話題になっている?

まず、Clubhouseの仕組みは今までになかった新しいものです。
名前の通り、サークルや同好の士が集まるクラブのように、みんなで音声で話します。そして誰でも聞くことができ、選ばれた人は会話に加わることができます。

このような新しい仕組みに敏感な人たちが参加しているのですが、招待制をとっているのでIT系やテック系の大物が、仲間の大物をどんどん呼び込んで、さらに大きな注目を集めるという連鎖反応が起きています
 

――人が増えると「ルーム」だらけで迷うのでは?

今のところ参加人数が限られていますし、ルームはジャンルから選ぶこともできます。
またTwitterと同じように自分がフォローしている人のルームや、参加人数が多いルームは上位に表示されます。

例えば昨日は、ある女性タレントのルームに1000人以上が集まっていました。
すると、その人をフォローしていないユーザーの画面にも紹介されるので、また聞きに来る人が増えるということになります。
 

――実際に使ってみた感想は?

Clubhouseは「立食パーティー」のようだなと思いました。
例えば、10~20人のルームがあると、その中心で4~5人が話をしていて、「あっ○○さんも一緒に話して」と声をかけたり、また「私も話したい」と手を挙げる人がいたりするイメージです。

名前は知っているけど話したことない人や、昔は話したことがあるけど最近は会ってない人など、いろんな人と気軽に話せるところがいいところだと思います。
 

日本でも大流行する?

そしてClubhouseには別の面もあるようだ。
Twitterでは、Clubhouseを使うと「パーティーの中心ではなく壁際でスマホをいじっている気分になる」という声もあり、三上さんもリツイートして「まさにこの気分」と同意している。
 

――パーティーが苦手な人は向いていない?

パーティーは、いろんな人と喋れる人とそうでない人がいますが、Clubhouseは会話を聞くだけでもOKなので、どんな人でも楽しめると思います。
 

――日本でも大流行する?

現在のような超大物やアーリーアダプターなど、限られた人がやっている感じはたぶん数週間、1~2カ月は続くと思います。
ただ、ユーザー数が数万を超えてくると、ちょっと状況が変わる可能性があります。今ほとんどの人は、誰でも参加できるオープンのルームを使っているんですが、クローズも多くなってくるでしょう

また、いい方は悪いですが「出会い系」的になってしまう可能性もあります。
人数が増えてくるとコントロールが難しいサービスかもしれません。Twitterのような大きな「マス」を相手にするコミュニケーションサービスではなく、かなり限られたものだと思います。
 

――参加したくてもできない人は?

招待制度はこれからも続くと思いますが、登録しておけば、そんなに長くかからず参加できるようになると思います。
 

「招待枠」を買う価値は全然ない!

――フリマアプリなどで「招待枠」を買う価値はある?

いや、全然ないですよ。
というのは、誰から招待されたのかプロフィールに明記されるんですよ。
ですので、全然知らない人から「買った」のではないかということがずっと残ってしまいます。
そういうことはしない方がいいでしょう。
 

電話でもラジオでもポッドキャストでもない新しい音声サービスは日本に根付くのだろうか。
Clubhouseが気になっている人は多いだろうが、新しいだけにまだ未知数の部分は大きいそうだが、「招待枠」を買うのは辞めた方がよいのではないだろうか。