子どもが母親のためにとった「心温まる」行動が話題になっている。

それがこちら。

2歳の息子が渡してくれるスリッパが、いつもほんのり温かいんだけど、なんと渡す前にストーブで温めてくれていた。羽柴秀吉~

あわせて投稿された画像には、お母さんのためにストーブでスリッパを温めてくれる2歳の息子さんのけなげな後ろ姿。
投稿したTaguNatsu(@NatsuTagu)さんによると、村民800人しかいない奈良県・下北山村で、ぬくぬくと育っている息子さんだという。
 

提供:TaguNatsuさん
この記事の画像(9枚)

この投稿には、「懐より断然あったかいw大物になる予感w」「心も足元もほっこりするお話ですね」「将来は出世しますね」と、「懐に織田信長の草履を入れて温めて出世した」と言われている豊臣秀吉と重ねるユーザーが多くおり、5万7000いいねが集まっている。(1月21日時点)

“令和の秀吉”だとしても、温めてから渡すというさりげない優しさを2歳にして習得しているのは驚きだ。誰かの真似をしているのだろうか?
TaguNatsuさんになぜスリッパを温めてくれるようになったのか話を聞いた。

教えていないのに温めてくれる

ーーいつもどのような時に渡してくれるの?

(投稿した)1月14日の5日程前から毎日渡してくれていました。それまでも渡してくれたことはありましたが、温かかったのかは覚えておりません。
夫が仕事に行って、家事でバタバタしているときに渡してくれました。


ーーいつ「温かい」と気がついたの?

少し前からなんとなくあったかいなと思ってたのですが、夫が履いていたからだと思っていました。しかし、温めている現場を目撃して、彼がやってくれているのだと気がつきました。

提供:TaguNatsuさん

ーー自ら温めるようになったの?

きっかけは分かりません。
ストーブの前に物を置いたら温かくなることに気付いて始めたのか、診療所や実家で誰かがやっていたのか…。


ーー「温めている」と知った時、どう思った?

温めることを教えてないので驚きました。
誉めてないのに、やり続けてくれたことに優しさを感じます。

提供:TaguNatsuさん

村の人に優しくしてもらっているので、その術が身についた

ーー息子さんはどのようなお子さん?

よく笑い、人懐っこいです。
夫が村唯一の診療所で一人で医師をしており、診療所の待合室で村民さんを見るとすぐ一緒に遊ぼうと誘います。
そして、おててを繋いで村民さんのお家に帰ろうとします。

提供:TaguNatsuさん

ーー息子さんはいつも優しいの?

普段から気遣い屋さんです。
村の人から優しくしていただいているので、人に優しくする術が身に付いたのだと思います。
弟(5ヶ月)にも優しいです。

提供:TaguNatsuさん

ーー他に息子さんのエピソードはある?

ドカンと笑えるエピソードは思いつかないですが、弟が生まれる前に一人で自己啓発本を読んでいました。
あとピース又吉さんのことを「わんわん」と呼びます。

提供:TaguNatsuさん

ーー話題になっているけど、どう思う?

奈良の小さな村育ちの子が全国デビューして驚いています。


ーー反響はあった?

下北山村の人たちはもちろん、三重県の尾鷲や熊野の知り合いも喜んでくれました!

 

TaguNatsuさんは「大切なことはおじいちゃん、おばあちゃん達が教えてくれます。」と言っており、人に優しくすることも教わったのだろうか。今後の成長がますます楽しみである。
 

【関連記事】
「1つ好きな物買っていいよ」と言われ5歳息子が選んだお菓子“セボンスター”…実はママへの素敵なサプライズ
「やきいももください」0歳弟への愛溢れる5歳娘“サンタ宛ての手紙”が話題…クリスマス当日の様子も聞いた