2020年のクリスマスのお天気は「ホワイトXmas」に「ホッとXmas」?
全国各地で違った楽しみ方ができそうです。

この記事の画像(15枚)

綺麗なだけじゃない!「雪の結晶」から分かる事

美しい雪の結晶の写真が届きました。志賀高原の焼額山(やけびたいやま)スキー場で撮影されたものですが、スマートフォンでも撮影できるんですよ。雪の結晶は一つとして同じ形のものがありませんが、その形を決めるのは「気温」と「水蒸気の量」です。つまり、雪の結晶の形によって、上空の気温や雪の積もりやすさを予測することができるということ。気象庁も、「#関東雪結晶」でみなさんが撮影した雪の結晶写真を集め、研究を進めています。

どうなる?全国の「クリスマス天気」

では2020年のクリスマスは、雪の結晶が見られるような「ホワイトXmas」になるのでしょうか?全国の「クリスマス天気」を見ていきましょう。

降り始めは雨ですが、夜から雪に変わってきそうなのは、北陸から北の地域です。
これらのエリアでは「ホワイトXmas」になりそうです。

「ホッとXmas」に天達おススメ楽しみ方

「ホッとXmas」になりそうなのは、関東と沖縄です。「ホッと」と言っても「暑い」というわけではなく、「ホッとする」方の「ホッと」です。気温が下がり過ぎず過ごしやすいクリスマスになりそうです。

気温が下がり過ぎないこのエリアの方たちに、ぜひ楽しんでいただきたいのが、「朝焼け」「夕焼け」を見る事。色の変化で翌日の天気を予想することができます。

例えば、黄色からオレンジ、さらにピンク色に変化していく夕焼けは、翌日が晴れになる証。

一方で、天気が崩れるときの夕焼けは「どす黒い赤色」に。ぜひ「ホッとXmas」のエリアの方たちは夕焼けの変化も楽しんでみてください。

西日本は恵みの雨…「うるおいXmas」に

西日本のクリスマスの天気はどうなりそうでしょうか?

西日本は雨になりそうですが、雨だからといってがっかりはしないでください。
「うるおいXmas」になりそうです。

少雨の影響で乾燥し、植物も元気がなく、時には火災の原因にもなってしまうようなカラカラお天気が続いていた西日本。

そこに雨が降る事で…

空気が潤う「恵の雨」となりそうです。

「クリーンXmas」お掃除に最適のエリアは?

東北地方や東海地方、北海道の一部地域では「クリーンXmas」になりそうです。これらのエリアにお住まいの方は「窓掃除」を思い切って終わらせてもいいかもしれません。

というのも、これらのエリアでは雲が広がりそうなのですが、曇りの日は湿度が高く、汚れが落としやすいのです。さらに太陽の光で見にくくなる汚れもよく見えるので、窓掃除に最適!すっきりした窓で気持ちのいいクリスマスを迎えるのはいかがでしょうか?

あまダネ!では、みなさんから『季節の絶景動画や写真』のほか『不思議な現象を捉えた写真』『お天気のギモン』などを募集しています!公式ツイッターで「#あまダネ」をつけて投稿頂くか、公式HPまでお寄せください。

(とくダネ!『あまダネ!』12月24日放送)