新型コロナウイルスによる環境の変化で心に不調をきたす、「コロナうつ」という言葉が注目されている。
宮城県内での新型コロナ感染が確認されてもう半年以上が過ぎた。様々な環境の変化に対応してきた私たちの心も疲れがたまっている。
自分の心の変化、そして家族の変化に気づくためにはどうしたらいいのか、専門医に聞いた。

世の中にあふれる情報が心を乱す

仙台市青葉区にある、精神保健福祉総合センター「はあとぽーと仙台」。
心の悩みに関する相談に応じているこちらでは、2020年3月ごろから今も、コロナ禍を受けての相談が寄せられている。

この記事の画像(12枚)

仙台市精神保健福祉総合センター はあとぽーと仙台 林みづ穂 所長:
もうすぐ楽になるのではと期待したいけれども、実際にはそうでないというギャップからもストレスがあるのではと思う

こう話すのは所長を務める、精神科医の林みづ穂医師。寄せられる相談から、世の中にあふれる情報も心を乱す原因になっているのではと指摘する。

仙台市精神保健福祉総合センター はあとぽーと仙台 林みづ穂 所長:
不安になるほどネットなどで情報を取り、ますます怒ったり、不安になったり、いろいろ心を乱される人が多いように思う

一方、こちらは精神病の治療に取り組む「南浜中央病院」。
理事長の高階憲之医師は、コロナ禍が「うつ」を導く仕組みをこう説明する。

南浜中央病院 高階憲之 理事長:
コロナによってストレスが強くなって適応できなくなってくると、いろいろな症状が出て、うつ状態になって、そこからうつ病に発展していくこともある。喪失体験は、うつ状態を引き起こしやすい。喪失体験が続いた場合には回復する暇もなくて、さらに悪い方向に行ってしまう

仕事や学校、日常生活…。様々なことを今まで通りにできない「喪失」が、大きなストレスとしてのしかかっていると指摘。
うつ病患者は、最新のデータでも全国に120万人以上いるといわれている。

うつ状態になる前に自ら感じる変化は?

南浜中央病院 高階憲之 理事長:
生活リズム・生活パターンが変わってくるのが一番大きい。日常生活、何気なく普段にしていることがすごく負担になってくるとか、いつも簡単にできていることが難しくなってしまうとか、物忘れが増えてしまうとか、いろいろないつもと違う変化が起きる

「自分の頑張りが足りないから」と抱え込み、うつ状態になっていることに気付けないケースもある。

そのとき、周りが気付くためには…

南浜中央病院 高階憲之 理事長:
具合悪そうな表情をしている、始終ため息をついている、寝不足のような顔をしている。マイナスの方向でいつもと違うところがどれくらいあるか

その人の「普段」をよく知る人がいれば、早く気付くこともできるのではないかと言う。

南浜中央病院 高階憲之 理事長:
皆、今のコロナの時代に頑張っているし耐えているから、自分だけと思わず、その気持ちを他の人と分け合ってみましょう。どうしたらストレスから逃れられるか、ストレスに耐えられるか。これはもう仕方がないと割り切ることも大事。面と向かって話ができないならば電話でもいいし、LINEでもいいし、とにかくつながりを持っていくことが大事だと思います

作業療法士が実践している、心が疲れたときの対応

確かに、この変化についていくだけでもストレスはかかる。身近に相談相手がいない場合は、相談電話もおすすめ。「あなたは一人ではない」とも高階医師は話していた。

ただ、この「うつ」は、なんの理由がなくても患うこともあると言う。誰がいつなってもおかしくない。
今回は病院で実践している、ちょっと心が疲れたなというときにおすすめの対応を聞いてきた。
作業療法士の高野さんに教えていただいたが…

寺田アナウンサー:
編み物ですか?

梅島アナウンサー:
何でもいいんですけれども、一人で没頭できることをしてみてくださいということなんですね

南浜中央病院 作業療法士 高野恭平さん:
うつで悩んでいるときは、あまり複雑なことはしたくなくなる。これならできるかな、というようなことを探していくことも重要

他にも…

南浜中央病院 作業療法士 高野恭平さん:
お腹が膨らむようなイメージで、ゆっくり吐いて

寺田アナウンサー:
深呼吸ですか?

梅島アナウンサー:
体の中の空気を入れ替える、上半身のストレッチなどで血流をよくすると、酸素が入って、頭がすっきりして、気分転換にもつながるということです

南浜中央病院 作業療法士 高野恭平さん:
落ち込んだりすると、動くことも嫌になって姿勢が崩れていくことが多いので、胸を張ってみましょう。姿勢を正すだけでも効果はあると思う

※こちらの番号は、宮城県と仙台市のこころの悩みに関する電話相談窓口の番号です。
仙台市の人は「はあとライン」に。仙台市以外の人は「こころの相談電話」にご連絡ください。

はあとライン(仙台市)
022-265-2229

こころの相談電話(仙台市以外)
0229-23-0302

(仙台放送)