【パラアスリートの言魂】ウィルチェアーラグビー 三阪洋行選手

カテゴリ:芸能スポーツ

  • 脊椎損傷で絶望の日々を送った三阪選手を変えたウィルチェアーラグビー
  • 選手として3大会連続出場、コーチとしても出場し、宮城にチームを作った
  • 元日本代表の廣瀬俊朗氏と2人で目指す未来は?

車いすのラガーマン・三阪洋行選手。
2004年アテネ2008年北京2012年ロンドンと3大会連続で選手としてパラリンピック出場し、2016年には日本代表のアシスタントコーチとして、リオデジャネイロ パラリンピックへ出場した。

絶望の日々を変えたもの

生まれ育った地は高校ラグビーの聖地「花園ラグビー場」がある東大阪市
「小学生の頃から公園でラグビーボールを持って遊ぶような感じでしたね」と話すように、物心がつく頃には、だ円形のボールを持って公園を走り回っていた。中学ではラグビー部に入り、高校では「夢の花園」を目指す日々を送っていた。

しかし、高校3年の時、練習中の事故で頸髄を損傷し、病院に担ぎ込まれた。
「先生、僕もう一度ラグビーができますよね」という問いかけに「できる」と答えてくれる医師はいなかった
「大好きなラグビーで事故にあって、本当にたくさんのものを失ったと思います」と、当時を振り返る三阪選手。

絶望の日々を送っていたが、車いすラグビー「ウィルチェアーラグビー」との出会いが、その後の人生を変えた

ラグビーへの情熱が、チームを誕生させる

「ウィルチェアーラグビーに出会うことができて、いつの間にか自分が車椅子で失った不自由さに気が付かないくらいの時間が過ぎていて…」

ウィルチェアーラグビーと出会い、新たな希望を持てたという三阪選手。4年後には日本代表に選出されるまでになっていた。
2004年アテネからパラリンピックに3大会連続出場し、2014年からはバークレイズ証券に勤務しながら、2016年リオで日本代表のアシスタントコーチとして、日本初となる銅メダル獲得に貢献

長く深く付き合ったラグビーへの情熱が、自らのチームを誕生させた。

「僕自身がやっぱり代表まで目指して、チャレンジしたことによって世界が変わるということが実感できたので、そういう高みを目指す選手がいるなら後押しをしてあげたい」

そんな思いを持つようになった三阪選手は、2017年には「東北を元気にする」を目標に、宮城県が本拠地のウィルチェアーラグビーチーム『TOHOKU STORMERS(東北ストーマーズ)』を立ち上げ、プレーイングマネージャーとして障がい者スポーツの拡大にも取り組み、多忙な日々を送っている。

同じ思いを持つ男2人

元ラグビー日本代表キャプテンで、現在は東芝ラグビー部BKコーチを務める廣瀬俊朗氏は、三阪選手に対して、熱い想いを持っている。

「僕はラグビーを盛り上げたいし、彼はウィルチェアーラグビーを盛り上げたいという思いを強く持っていて。三阪とは高校が同じ大阪で、同い年でラグビーをやっていたんですけど、僕たち同じラグビー界の人間として応援していきたいですし、盛り上げていこう」

三阪選手も「ラグビーというスポーツをもっと文化して根付いていくように。それが二人ならできるんじゃないかと」と話すように、高校時代、同じ大阪で、同い年でラグビーに夢中になった2人が、ラグビーを日本の文化として根付かせる為に活動を続けている。

ラグビーでけがをしてからおよそ20年。
ラグビーでよく使われる『One for all, All for one(1人はみんなのために、みんなは1人のために)』という言葉を、三阪選手は今、噛み締めている。

「僕が誰かのためにできることであったり、誰かが僕のために何かをしてくれるということ。本当にラグビーの中に埋まっているんですよね」

今の夢は東京2020で「世界の頂点」を取ることだ

「やっぱり東京で日本代表が金メダルを取るというところに、自分ができることを注ぎたいな」

三阪選手はこの先も走り続ける。

三阪洋行(ミサカ・ヒロユキ)

1981年6月生まれ 37歳 大阪府東大阪市出身 バークレイズ証券所属。
高校生の時にラグビー練習中の事故で頸髄を損傷し、車いすユーザーとなる。8カ月間の入院後にウィルチェアーラグビーと出合い、4年後には最年少で日本代表に選出された。2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドンと3大会連続でパラリンピック出場。ロンドン大会では副主将を務め、4位入賞という好成績を収めた。2014年からバークレイズ証券に勤務。
2016年には日本代表のアシスタントコーチとして、リオデジャネイロパラリンピックへ出場。同競技日本初となる銅メダル獲得に貢献した。
2017年には「東北を元気にする」を目標に、ウィルチェアーラグビーチーム『TOHOKU STORMERS(東北ストーマーズ)』を立ち上げ、プレーイングマネージャーとして障がい者スポーツの拡大にも取り組んでいる。

(PARA☆DO!:毎週水曜夜10時54分放送
 https://www.fujitv.co.jp/sports/parado/

PARA☆DO!の他の記事