「ダイソン」に偽通販サイトが登場

もしダイソンの掃除機が破格の7,698円と表示されていたら…

30代:
素人だと偽(サイト)だとわからないかもしれない。買っちゃうかもしれないですね

この記事の画像(14枚)

「人気家電を安く買いたい」、そうした心理につけ込む被害が相次いでいる。

サイクロン掃除機で名を馳せる家電メーカー「ダイソン」。都内の家電量販店では、ダイソンの掃除機の1番人気シリーズの値段が7万9000円(税別)と書かれている。

消費者庁は、10月21日にこのダイソンをかたる偽サイトへの注意を呼びかけた。

偽サイトをみると、掃除機に空気清浄ファンなどダイソンの人気商品が紹介されている。また、ロゴを公式のものと重ねてみてもまったく同じである。

写真なども公式ページから盗用している。
トップページのうたい文句は「期末セール実施中 最大85%OFF」

人気のコードレス掃除機は通常価格3万4,250円が7,698円(税込)と78%OFFになっている。

ファンヒーターも82%OFFの7,698円(税込)とすべての商品が7,000円台に大幅値下げされていた。

実際注文すると中国からマフラーが…

この偽サイトの価格を家電量販店の店員に見てもらった。

ヤマダデンキLABI新橋店・大久保佳幸主任:
私たちがびっくりするようなお値段で記載があったので非常に怪しい

ネット上には、「ダイソンの偽サイトにクレカ情報を入力しちゃった」などと偽サイトの被害に遭ったという声が寄せられていた。

消費者庁によると、この偽サイトで注文すると多くの場合、ダイソン製品ではなく頼んだ覚えのないマフラーなどが中国から送られてくるという。

現在までに確認された偽サイトは27件。その複数のサイトで全く同じデザインが使われていた。

街の人の目にはどう映るだろうか。

ーーこれ(ダイソンの)ドライヤー

10代:
えー!これ欲しいやつ!

ーーこれ偽通販サイトなんです

10代:
信じました!これで買えるなと思って

20代:
ちょっとさすがに怪しいかなって

実はこうした偽サイトに被害者を誘導する手口にはある特徴があった。

偽サイト側は、インスタグラムなどのSNSに掲載した広告を通じて、偽の格安サイトに誘導しているとみられる。

偽サイトを見極めるポイントは”URL”

偽サイトを見極めるポイントは、「サイトのURL」
ダイソンの公式ページの表記は「dyson」だが、偽サイトでは、「yodyson」といった偽似せたURLもあるため、細かく見ることが必要だ。

ダイソンも公式ホームページ上で必ずURLを確認し、公式ストアまたは正規販売店であることを確認するよう呼びかけている。


(「イット!」10月21日放送より)

イット!
イット!
メディア
記事 1665