劇的なサヨナラタイムリーでナインにもみくちゃにされた途端に人目をはばかることなく大粒の涙を流した。体重114キロ、ロッテの巨漢・井上晴哉(31)だ。

この記事の画像(7枚)

3-3の同点で迎えた9回1アウト1塁。
この日、5番から7番に打順が下がった井上が打席に立った。ここまで3打席でノーヒットの2三振で臨んだ第4打席。

楽天の守護神・ブセニッツ(30)が投じた1ストライクからの2球目だった。
「感触とか覚えていない」と外角低めのカットボールにバットを必死で伸ばした打球は右中間を深々と破った。

1塁ランナーの福田秀平(31)が俊足を飛ばして一気にホームへ生還し、サヨナラを決めた。
井上は2塁上で両手を挙げて喜び、ナインがベンチを飛び出して祝福すると井上は男泣きした。

ヒーローインタビューのお立ち台に上がっても涙は止まらない。
チームはコロナ禍で緊急事態の真っ只中。藤原恭大(20)ら2軍から緊急昇格した若手が奮起する中、主軸の井上は10月に入って打率が下降線をたどっていた。ようやく果たせた責任に感情を抑えきれなかった。
期待に応えられなくて、どうしても応えたくて、どうしても打ちたかった」と井上。

首位ソフトバンクとのゲーム差は2。
間違いなく選手もファンも今心が「ひとつに」なった。

【10月13日プロ野球結果】
巨人3-4広島
ヤクルト1-8DeNA
中日4-2阪神
日本ハム0-7西武
オリックス0-2ソフトバンク
ロッテ4-3楽天