3代続くお惣菜店…真空パック販売でコロナ禍に活路

名古屋市千種区の覚王山駅周辺は、市内でも「住みたい街ランキング」で必ず上位に入る人気のエリア。
このエリアに2020年にオープンした「サイドリッシュ」は、「お惣菜」と「カフェ」という珍しい組み合わせで人気だ。

名所「日泰寺」の参道沿いに3月末にオープンした「サイドリッシュ」。
お惣菜は全て真空パックで販売されている。

中でも1番人気は「豚の角煮」。

お店では、その角煮を使ったオムライスも食べることができる。

作るのに3日かかるという豚の角煮は、オムライスの上で圧倒的な存在感がある。

フワフワトロトロの玉子と柔らかい角煮の食感が最高だ。

もともと祖父の代から家業がお惣菜店だったというこのお店。
コロナ禍真っただ中の、3月26日にオープンしたが、真空袋でお惣菜を販売してテイクアウトできるため、主婦の強い味方になりそうだ。

(東海テレビ)