絶滅すべき“迷惑生物”!? 街やオフィスには目撃例多数!

8月に出版されたヘンな生物図鑑「カサうしろに振るやつ絶滅しろ! 絶滅してほしい!?迷惑生物図鑑」。

この記事の画像(17枚)

カサを後ろに向けて振る人を「カサウシロフルス」としたり、順番を抜かす人を「ナラバンゾウ」としたりするなど、街を歩いていて見かける“ちょっと迷惑だな”…という行為をする人たちをオリジナルの生き物に例え、ユニークなイラストとともにまとめた図鑑だ。

「あなたはどんな迷惑生物と遭遇しましたか?」と街で聞いてみた。

歩きたばこをする「猿人」とポイ捨てする「恐竜」

女性A:
歩きタバコとポイ捨ては見たことあります。歩きタバコは昔に比べて減ったかなと思います。なので、たまにいると目立つ気がします

まず出てきた迷惑生物は「アルキキツ猿人」。歩きタバコをする人のこと。火のついたタバコが子供の顔にでも当たったら…と心配する人も多くいた。

そして「アルキキツ猿人」がいる場所によく出没するのが「ポイステゴサウルス」。

ゴミをゴミ箱に捨てることができない生物で、タバコのポイ捨ての他にも空き缶やペットボトル、最近では使い捨てのマスクのポイ捨ても増えている。

女性B:
捨ててあるものを見ると気分も悪いし、嫌だなと思います。なるべく私自身が見本になるようにしなきゃ、と思っています

邪魔です…歩道で群れをなす「トオレヌー」と電車でみかける「リュックドン」

続いての迷惑生物は、歩道で遭遇する「トオレヌ―」。大きな群れを作り、歩道を横一列に広がって大移動する習性がある迷惑生物だ。

女性C:
私は友だちと縦で行っていたのに、相手が3人くらいで(横一列で)来て、避けてくれなくて衝突して、転んで朝から血だらけになったことがあります。本当に嫌いです、そういう人

続いては、電車で見かける迷惑生物。
一つ目は「リュックトドン」。大きなリュックで周りの人を押し付けてもお構いなし、前に抱えるとか、網棚に置くなどしてほしいものだ。

女性D:
朝の通勤時間帯だと、リュックサックを背負っている学生さんが多いですかね。基本的に同じ方ですけど、たまに周りの方に注意されて、下ろしたりしているけど…本人は多分気付いていないと思います

そして、車両のドア付近にいて頑なに動かない生物が「デンシャノハシビロコウ」。

少しは周りに気を遣って欲しいところだ。

会社,店,学校にも現れる「シカ」,「リス」,「クジラ」

続いては、会社やお店に出没する生物。
人前で大声で怒鳴る「シカルシカ」。周りの人も気まずい思いをするのが特徴だ。

女性E:
自分は周りの人の立場ですけど、後輩の男の子と上司がやっているのを、周りは怖いから言えずに…かわいそうだなって

また、小学3年生の男の子の学校には、2種類の迷惑生物が。

男の子:
謝らないやつと、人の話を聞き流すやつがいます。話していたら急に自分のこと話し出して、一切聞いてない。ちゃんと聞けよって

まず、頑なに謝らない「アヤマロカリス」。自分の非を絶対に認めない。

女性F:
私それです。謝らない。「何でごめんなさいって言えないの?」と言われても、理解できてないから、ごめんなさいできないです

そして、もう一つが人の話を聞き流す「キキナガスクジラ」。

女性G:
よくいる。(初めから)こういう人だと分かっていたら、メモとかで書いて示しちゃう。「言った」「聞いてない」論争は無駄だから

生息多数の危ない生物「カサウシロフルス」

皆さん迷惑生物にイライラが募っているようだが、中でも最も多く見かけるのが、本のタイトルにもある「カサウシロフルス」。駅の階段などで傘を後ろに振る危ない生物だ。

女性H:
これしょっちゅう会います。駅のホームに上っていく階段の前の人が、私に刺さる直前まで、とかよくあります

女性I:
梅雨の時は、ほぼ毎日。特に男性は横持ちしている人が多くて、手を振っている人はそういう状態になっている人が多い。無意識だろうなって

さらに、傘にまつわるもう1つの迷惑生物が、ビニール傘を何食わぬ顔で盗んでいく「アンブレラプトル」。

本の著者も「それ、ただの泥棒だよ!」と書いているが、まったくもってその通りだ。

迷惑生物はまだまだ他にも…でももしかしたら自分も?

迷惑生物は、まだまだ他にもいる。自分の価値観を押し付ける「カチカンガルー」。自分と価値観の違う人に対し「人生の半分損してるよ」など、言葉のパンチを繰り出すカンガルーだ。

最後は「アゲアシトリケラトプス」。頭部のツノを用い、相手の揚げ足をとる生物で、ちょっとした言い間違いに、すばやく反応することが生きがい。

たくさんの迷惑生物の目撃情報があったが、街ではこんな声も聞かれた。

女性J:
自分も何かしら気付かないうちにやっているかもしれない

女性K:
こういう人を作らないために(職場の保育園で)今、指導しています。傘の持ち方はこうだよって

女性L:
時代が変わりましたね…。自分さえ良ければという考えがなければ。やっぱり譲り合いとか思いやりとか、個々に持たれたらいいと思いますけど

愛知県出身の著者・氏田雄介さんは「常識や価値観は時代や状況によって変わるもの。この本に書いてあることも考え方の1つだと思っています」としていて、この本が何かを考えるきっかけになればと話している。

この本は、こんな迷惑行為をする人たち“いるいる”と思うだけでなく、自分の行動も振り返る良いきっかけにもなるかもしれない。

(東海テレビ)