宮内庁の男性職員が新型コロナウイルスに感染したことが分かった。
宮内庁職員の感染確認は初めてで、天皇皇后両陛下や皇族方との接触は無いとしている。

宮内庁によると、感染が確認されたのは40歳代の男性職員で、9月6日に発熱の症状があり、PCR検査の結果、12日に陽性が確認された。
男性職員は、施設の管理などを担当する部署に所属していて、両陛下や皇族方との接触は無く、濃厚接触者に該当する職員もいないという。
宮内庁職員の感染確認は今回が初めて。