本拠地ZOZOマリンでは6勝0敗で負けなしとオリックスを「カモ」にしているロッテ。
先発マウンドを託されたのは、亜細亜大学出身、2年目の左腕・中村稔弥(24)。

この記事の画像(4枚)

得意の縦に落ちるツーシームを武器に、7回までノーヒットピッチング。
オリックス打線を完璧に抑え込む。

8回無死、打者24人目、先頭の安達了一(32)に初ヒットとなる2ベースを許し、ノーヒットノーランの快挙を逃した。

7回まで2四球のみのピッチングに本人も「8回に意識しました。ツーシームが高めに浮いてしまったので、そこが反省でした」とヒーローインタビューのお立ち台で告白し、観客を笑わせた。8回途中1安打無失点、完璧な今季2勝目。オリックス先発の山岡泰輔(24)に投げ勝った。

8月30日のオリックス戦から中11日での先発に、「前回の登板はバランスが悪かったので、そこをしっかり練習してやってきました」とフォームの課題を修正した。

井口資仁監督(45)も「ヒットを打たれるまで投げさせようと思っていた。彼らしい打たせてとるピッチングだった」と称賛。

「カモメ」が今日もお得意様を「カモ」った。

【9月11日プロ野球結果】
巨人2-1ヤクルト
DeNA2-3中日
阪神4-0広島
楽天5-4日本ハム
ロッテ2-0オリックス