愛知県の新型コロナ感染者…7月以降は30代以下の割合が上昇

愛知県が新型コロナウイルスの感染者について、月別の感染者数と軽症・中等症・重症の内訳と、7月1日から9月6日までの年代別の感染者数の内訳を公表した。

データによると、7月以降は軽症者や30代以下の感染の割合が高まっている。

感染者は2月から4月では30代以下が34.2%だったのに対し、7月1日から9月6日では、56.3%にまで高まった。

感染経路が不明の感染者も2月から4月の25.6%に対し、7月1日から9月6日では、53.5%に増えている。

(東海テレビ)