ロッテは初回から打者一巡の猛攻。一挙5点を奪うと、日本ハムの先発・北浦竜次(20)を初回途中でマウンドから引きずり下ろした。

勢いに乗った打線は5点リードの3回、1死1・2塁で打席には本拠地ZOZOマリンでは打率3割超えのキャッチャー・田村龍弘(26)。

この記事の画像(5枚)

「たまたまです」と西村天裕(27)の投じたフォークをすくい上げ、前夜に続く2戦連発の2号3ラン。リードを8点に広げる。

さらに2死満塁と攻めると、打席には4番にすわる3年目の安田尚憲(21)。

「満塁だったので、ランナーを返す気持ちで必死に打席に立って、いい結果になって良かった」とレフト線へ走者一掃のタイムー2ベース。
3回も打者一巡の猛攻で6点を追加すると、13安打12得点で快勝した。

この日の安田は3安打3打点の猛打賞。本拠地ZOZOマリンで初のヒーローインタビューのお立ち台に立った若き未完のスラッガーは「1軍でプレーして、こういうヒーローインタビューができて、感動しています。先輩方がたくさん打って流れを作ってくれていたので、思い切って打席に立つことができました」と喜んだ。

今季22打点と4番の仕事を果たしている安田。「3番にマーティン、5番に(井上)晴哉さんというすごいバッターの前後に挟まって、思い切ってバットを振れています」と振り返った。
2連勝で貯金5とした井口資仁監督(45)も「初回に(点を)とって、何とかつないで中押ししようという中、打線がつながってよかった」と手ごたえを口にした。

8月14日プロ野球結果
巨人6-1中日
DeNA6-2ヤクルト
阪神0-6広島
ソフトバンク4-1オリックス
西武13-8楽天
ロッテ12-5日本ハム