炎天下、子供たちに広がる「傘差し登下校」…熱中症と新型コロナ感染対策にも

新型コロナウイルスの影響で2020年は学校の夏休みが短縮となり、子供は暑い中、学校に通っている。
子供の暑さ対策と感染症予防に、今 「日傘」が注目されている。実はこの子供用の日傘、名古屋が発祥だった。

この記事の画像(17枚)

連日、暑い日が続く東海地方。晴天となったこの日、愛知県豊田市の小学校では、傘を差して登校する子供たちの姿が…。

新型コロナウイルスの影響で、2020年は学校の夏休みが短縮され、子供たちは炎天下を登下校するため、熱中症が心配される。

そこで、この学校が始めたのが、「傘差し登下校」。その名の通り、日傘をさして登下校をしている。

女の子:
熱中症対策にもなるし距離も開けられて便利だけど、手が疲れます

男の子:
すごく日陰ができて涼しくて良かったです。距離が離れているので、(傘差し登下校するときは)マスクしてなくても大丈夫なので外しています

傘差し登下校は、この学校を皮切りに、暑い街で知られる岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市など、全国に広がっている。

通常の傘の「約6倍」の売れ行き…デパートに問い合わせ相次ぎ急遽入荷

そのため、「子供用の日傘」が人気だ。
「ジェイアール名古屋タカシマヤ」8階の売り場では…

子供用の日傘、2750円。子供が持ちやすいようにと、雨傘よりも一回り小さめになっている。折り畳み傘もあり、雨傘としても使えるので、とても便利。

傘の骨の部分には、柔らかく折れにくい素材が使われていて、子供には安心だ。

ジェイアール名古屋タカシマヤ・こども用品売り場の担当者:
雨傘が1本売れるのに対して、5,6本くらいは日傘が売れております

タカシマヤでは、子供を持つ親からの問い合わせが相次ぎ、6月中旬に急遽、入荷を決めたとのこと。

女性客:
なんか学校から日傘を持ってきてくれって。ちょっとおしゃれなものを(孫に)買ってあげようかなと思って見に来たんですけど

別の女性客:
子供のうちから紫外線とかね、また今コロナということもあるから、そういうソーシャルディスタンスのことも考えたらね、いいと思います

マスクを付けると体に熱がこもりやすく、熱中症の危険性が高まるというが、日傘だと、直射日光を避けるだけでなく、周りの人と一定の距離を取ることができ、「暑さ対策」と「感染症予防」が一石二鳥と話題を呼んでいる。

熱中症と新型コロナ対策の「一石二鳥」…この夏の必須アイテムに

この子供用の日傘、実は名古屋生まれだとのこと。

子供用の日傘を製造・販売する名古屋市中区の「小川」。創業87年の傘メーカーだ。傘や雨合羽など、約1000種類の雨具を販売している。

小川の営業担当者:
2018年ごろ、猛暑があって熱中症の事故がすごく多くなりましたけれども、熱中症対策に子供用というところで日傘を開発し、昨年(2019年)度より発売しました

子供用の日傘は、2018年の夏の記録的な猛暑をきっかけに開発を始め、2019年4月に国内で初めて発売。

小川の営業担当者:
最初は反対意見も社内でもありましたけれども、私たちの会社はちょうど(子供が)小学校1、2年生になるお父さん・お母さんがたくさん在籍しているので、その意見を交えながら会社全体で作り上げました

暑さ対策に、感染症予防が重なり、3か月で4000本以上を販売。2019年の夏に比べ、40倍もの売れ行きだという。

小川の営業担当者:
子供さん同士の距離を保つということと、熱中症対策という2つの対策によって、ニーズは非常に多いんじゃないかなと思います

暑さ対策と感染症予防に役立つ「子供用の日傘」。この夏の必須アイテムになっている。

(東海テレビ)