陸上自衛隊の10式戦車、通称「ヒトマル」。 味方の戦車などとネットワークで連携して戦闘するシステムを備えた最新鋭戦車だ。

 静岡県の東富士演習場、北富士演習場で行われた訓練にフジテレビのカメラが密着した。

この記事の画像(10枚)

10式戦車は、車体は三菱重工、主砲は日本製鋼所が製作、2010年度に装備化された純国産の戦車だ。全長は約9.4m、重量は約44tで90式より小型・軽量化されている。最高時速は約70km。

最大の特徴は、ネットワークシステムが搭載されたことだ。これにより、味方の戦車や部隊と敵の情報を共有して戦闘することが可能になった。

車長席の前方に搭載されたモニターには、敵の情報がリアルタイムで表示される。

主砲は、44口径長120mm滑腔砲。照準安定装置や熱線映像装置を搭載し、高い精度の射撃能力を誇る。砲尾からは自動装填装置のレールが延び、次々と砲弾が押し込まれていく。

連射のスピードも上がり、標的をとらえながら、自由自在に走行する「スラローム射撃」も可能だ。敵のレーザー誘導ミサイル攻撃の前兆となるレーザーをキャッチする検知器も装備している。

フジテレビが最新鋭戦車の内部撮影を許されたのは、90式戦車を取材した1993年以来、27年ぶり。

動画は、時間の制約もあり放送できなかった映像も含め、現場の臨場感を追求し、ひとつひとつのカットにこだわり抜いたカメラマンの「ヒトマル」映像報告。
続編では「ヒトマル」の知られざる内部に迫る。

撮影・編集:中村龍美・佐藤祐記・永岡清香

動画 

続編へ:最新鋭10式戦車の訓練に密着 知られざる内部を初公開【動画】

関連動画:【独自】最新鋭戦車の内部撮影 “ネットワーク”連携の実力は?

     日曜安全保障 陸自主力戦車の“役割”は...最新装備で離島防衛へ