陸上自衛隊の「10(ヒトマル)式戦車」。

味方とネットワークで連携して戦闘するシステムを備えた、最新鋭の戦車の内部に、初めてFNNのカメラが入った。

高い精度の射撃能力を誇る「10式戦車」。

主砲で照準をとらえながら、自由自在に走行する「スラローム射撃」が特色。

最高時速は、およそ70km。

静岡県の東富士演習場では、戦車小隊の攻撃訓練が行われている。

「10式戦車」が、ネットワーク連携を確認する。

「10式戦車」が誇る一番の能力が、ネットワーク連携。
どのようなものなのだろうか。

今回、FNNのカメラが、メディアとして初めて入った「10式戦車」の内部。

ここには、車長・砲手・操縦手の3人が乗り込む。

前方のモニターの1つが、味方の戦車などと連携して戦闘するためのネットワークシステム。

10式戦車の砲手「射撃に関するさまざまな情報が表示されるので、それを駆使して、射撃を実施する」

「10式戦車」は、砲弾の自動装填装置を装備し、標的に対し、連射が可能。

かつて戦車は、旧ソ連の侵攻に対する防衛を担っていた。

中国が海洋進出を進める今、「10式戦車」が新たに果たすべき役割が、「離島防衛」。

河野太郎防衛相「戦車は、火力・防護力にも優れているわけだから、離島の防衛にも当然、役に立つ」

進化を続けてきた戦車。

新しい時代の脅威に、どう対応していくのだろうか。