西日本を中心とした記録的な大雨の影響で、これまでに108人が死亡、62人が安否不明になるなど、各地で被害が拡大している。(9日17時現在)

一方で、気象庁は9日、九州北部、中国、近畿、東海、北陸地方が梅雨明けしたとみられると発表した。そして被災地では、気温が30度以上を超える地域も出てきた。

そこで、夏場の災害時の暑さ対策など、いま役立ちそうな防災知識を東京都が発行する「東京防災」からピックアップして紹介する。

熱中症対策は首やわきを冷やす

(出典:東京防災)

気温が上がるとなると、真っ先に対策をとるべきなのが「熱中症」。ライフラインが寸断された状況の中、停電でエアコンや扇風機が使えない地域もあることが想定され、電気を使わない対策が必要となる。

東京防災では、「首の後ろや脇の下、尾てい骨の上の温度を調節することで体温の調節ができる」と紹介。 首の後ろに保冷剤を当ててタオルを巻いたり、わきの下に保冷剤を挟むといい。
 

脱水症状対策も必要

(出典:東京防災)

また暑くなると大量の汗をかくため、脱水症状にも気をつける必要がある。
脱水症状を防ぐために、「吸収率が水の約25倍の経口補水液」を、水1リットルに対し、砂糖大さじ4杯、塩小さじ0.5杯を溶かすことで作ることができる。

気温上昇でハエの発生にも注意!

(出典:東京防災)

また気温上昇で考えられるのが、ハエの大量発生だ。「日本酒」「砂糖」「酢」「ペットボトル」「ひも」「カッター」で簡易なハエ取り器を作ることができる。

自宅はもちろん避難所などの衛生環境を守るためにも、ハエ取り器の準備をしておくことが望ましい。

不明者の捜索や今後の復旧へ向けた作業の中で、暑さ対策には十分気を付けてほしいが、そのほかの対策など完全版はこちら「東京防災」から閲覧できる。ダウンロードするなどして保管しておくことをお勧めする。(英語版、中国語版、韓国語版も掲載)