ふたたび緊急事態宣言発令の可能性も…

一度は落ち着きを見せ始めていた新型コロナウイルスの感染拡大ですが、
東京都では再び新規感染者数が100人を超え始め、政府も緊急事態宣言再発令の可能性についても言及しています。

いま私たち一人一人にできることはウイルスの事を良く知り、少しでも感染拡大を防ぐことですね。

【記事】「ウイルスってどのぐらい生きるの?」新型コロナウイルスについて普段感じている“素朴な疑問”を専門家に聞いてみた

ウイルスの寿命って英語でなんていうの?

ウイルス ってどのぐらい生きるの?
How long does the virus live?


【解説】
ここでは、「ウイルス」と言う表現に、
virus を使用します。
日本語の読みはラテン語からきている音に近いですが、英語ではヴァイラスと発音します。

ある物の表面に付着したウイルスの寿命は、
lifespan (生存期間・寿命)を使って、
the lifespan of the virus on the surface のように表現できます。

シンプルに life (寿命) も使えます。

専門家の話によれば、表面に付着した新型コロナウイルスの寿命は48 時間ともそれ以上とも言われています。

現在、新型コロナウイルスに有効な対策は、
personal hygiene (個人の衛生) を意識すること。

手を洗う、マスクをする、ソーシャルディスタンスを維持するなどは
precautions 予防策 になります。

免疫力をあげること
strengthen your immune system (免疫系を強化する ) も予防につながります。

見えないからこそ気を付けよう

【例文】
ウイルスの寿命は付着するものによって様々のようですが、どこにどのくらいいるのか可視化できるといいですね。
Knowing the life of the virus depends on the surface, I wish we could visualize that.


街や電車も混んできましたね。
とにかく、手をこまめに洗い、その都度を持ち物を消毒するように個人個人で気をつけましょう。


それでは次回も Let's English!
(連載「コレ英語で言えますか?」第85回 / 毎週土曜更新)

「コレ英語で言えますか?」すべての記事を見る