岐阜の観光地「飛騨高山」…賑わい取り戻すも、まだ平日並み

6月19日から都道府県をまたぐ移動の自粛要請が全面解除された。
観光地の賑わいは今、どうなってるのか…?

全面解除から初めての日曜日となる6月21日、岐阜県の観光地、飛騨高山を取材してみると、大勢の観光客で賑わっていた。
3月の様子と比べてみると、随分な変わりようだ。

東海地方を代表する観光地、岐阜県高山市。

午前9時。宮川沿いに立つ「宮川朝市」へ。

露店には、高山名物の赤かぶ漬けや、旬のサクランボなどが並ぶ。

新型コロナウイルスの影響が出る前は、40軒ほどが並んでいたが、この日の出店は15軒だけだった。

それでも…

出店者の女性:
昨日から朝市もこんなに人が出るようになったの。こっちの出店者も

別の出店者の女性:
でも外国人さんは全然みえないので。前は朝のうちは8割ぐらい外国人さんだったの、コロナの前は。今は日本の人ばっかり。でも団体さんじゃなくて、若い2人連れが多いね

都道府県をまたぐ移動の自粛要請が全面解除されたのは6月19日の金曜日。

そのため、その翌日の20日土曜日から店も、買い物客も増えたようだ。

外国人客が消え賑わいはまだ「平日程度」

午前11時。続いて、「古い町並み」へ。
こちらも大勢の観光客の姿があった。飛騨牛のにぎり寿司の店には行列ができていて、富山・立山市や愛知・豊田市からなど、県外からの観光客もいた。

観光客に人気の団子店では、外国人向けのメニュー表も出しているが、その姿はない。

確かに賑わいはかなり戻っていたが、地元の人たちからすると以前の平日程度とのこと。賑わいを支えていた外国人観光客は、当面 見込むこともできず、まだまだ心の底から喜べる状態ではないという。

また、お店の人の中には「商売しているのでお客さんに来てもらわないとだめですけど、病気的には怖い、まだちょっと心配はあります」と話す人もいた。
観光客が戻ってくることは嬉しい反面、コロナへの心配は拭えない複雑な心境だ。

地元の魅力を“再発見”…市民対象にした人力車の「無料乗車体験」

正午。古い町並みを走る人力車を見つけた。以前そのままの光景に見えるが、実はちょっと違うのだという。

4月初旬から休業を余儀なくされていたが、6月から期間限定で、高山市民を対象に「無料乗車体験」を始めた。

宮川沿いを駆け足でくだり、心地よい風を感じながら、観光名所「古い町並み」も巡る。少し高い場所から見ると、いつもの風景がまた違って見えるそうだ。

通常は2人で4000円のところを、無料に。

始めた理由は、「市民を元気付けたい」という思いと、休業中に落ちた体力を取り戻すための試運転だという。
実際、利用した市民からも「目線が違って普段見えないところが見えて気持ちがいい」や、「車夫さんとの話で改めて地元の良さを知ることができてよかった」と好評だ。
乗車体験した高山市民は、これまでに約920人(6/25現在)。7月中には通常営業に戻す予定。

地元の人が頻繁に…人気ハンバーガー店「忙しくて忘れかけていたものあった」

そしてもう一軒、特に外国人観光客に人気があった店を訪ねた。和風の構えのハンバーガー店だ。

「ベーコンチーズバーガー」が一番人気。

厚みのあるビーフのパテに、とろりとしたチェダーチーズ、スモーキーなベーコンを特製のバンズで挟んだ本格派。

新型コロナウイルスの影響が出る前は口コミで人気が広がり、客の半数が外国人観光客だったと言う。

オーナーの男性:
多いと7割近くとかが外国人の方という日もざらにある。なので今言った割合が、ごっそり売上げがなくなっている状況ですね、日によっては7割、8割

4月下旬から休業し、5月はテイクアウトのみの営業だった。すると、最も苦しい時、地域の人たちが利用してくれたという。

オーナーの男性:
地元の方がテイクアウトに頻繁に来てくれて、なんとか今までつないでこれたのかなという状況があるんですよね

この日も、観光客に混じって近所の人がいた。

地元の女性客:
本当に一生懸命やっているので、応援もしたいし自分も食べたい

オーナーの男性:
観光客の方を相手に忙しくて忙しくて、心の中で忘れかけていたものもあったので。苦しい時にやっぱり近くにいらっしゃる方とか、ご近所の方とかに来ていただいて、いろんなお話をさせていただいたり、応援していますという声をいただいたので、ありがたいばかりですね。感謝しかないですね

改めて地元の人たちとの絆を強く感じた。

(東海テレビ)