2020年7月1日から全国でプラスチック製買物袋の有料化が始まる。

プラスチックは、軽くて丈夫で密閉性も高く、製品の軽量化や食品ロスの削減など、私たちの生活に貢献している。一方で、廃棄物や資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題がある。

こうした中で注目されているのが、「LIMEX(ライメックス)」と言われる、石灰石を主原料とした紙やプラスチックの代替となる新素材。

製造過程で水や木をほとんど使わないため、水不足や森林破壊など地球環境への負荷を軽減し、持続可能な社会に貢献できるという。

新素材「LIMEX」を開発したのは、株式会社TBM。営業本部執行役員・仲谷桃さんは「石で紙を作るということに純粋に驚きました。環境に大きく負荷をかけることなく、使っていただけるというところが人類や地球に貢献できる」と明かした。

私たちの身近なものにも

主原料となる石灰石は、世界中で埋蔵量が多く、日本国内でも自給できる資源。

それに樹脂を混ぜて、紙やプラスチックに代わるさまざまな製品を作っている。

耐水性に優れ、破れにくいことから、飲食店のメニューやマラソン大会の給水コップ、買い物袋などにも使われ始めている。

製造過程で水を使わず、プラスチックと比べて石油由来の原料も少ないため、CO2の削減にもつながる。

「LIMEX」でできた横断幕をスマホケースに加工したり、リサイクルの仕組みづくりにも力を入れている。

仲谷さんは「世界的に人口が増えていきますし、紙やプラスチックの利用量はどう考えても増えていく。その中で、LIMEXが新しい役割を担って活用できるように世界に貢献したい」と明かした。

株式会社TBM
https://tb-m.com/limex/

「フューチャーランナーズ~17の未来~」
フジテレビ 毎週水曜日22:54~23:00放送中(関東ローカル)
BSフジ 毎週土曜日 21:55~22:00放送中
■動画はこちらから
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive_79.html
■過去の動画一覧はこちら
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive.html

SDGs

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで、全会一致で採択された「持続可能な開発目標」。
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/sdgs.html