東京都の小池知事は12日、岸田首相と会談し、新型コロナワクチンの4回目接種の対象をエッセンシャルワーカー等に拡大するよう要請した。

ワクチンの4回目接種は現在、60歳以上の人や18歳以上の基礎疾患がある人に加え、医療従事者や高齢者施設の従事者が対象となっている。

小池知事は12日、首相官邸で岸田首相と会談し、新型コロナの感染拡大により公共交通機関で一部減便するなど、社会経済活動に影響が出ているとして、ワクチンの4回目接種の対象を、社会機能を維持する上で重要な警察や消防などのエッセンシャルワーカーなどに拡大するよう要望した。

会談後、小池知事は「しっかり対応していただけると思う」と述べた。