店長は18歳「バイトも未経験だけど父に憧れて」 家族で試作重ねチキンカレー完成…コロナ禍の挑戦【長野発】
FNNピックアップ

店長は18歳「バイトも未経験だけど父に憧れて」 家族で試作重ねチキンカレー完成…コロナ禍の挑戦【長野発】

この春、長野市に家族3世代で営むカレーの専門店がオープンした。店長は高校を卒業したばかりの18歳の青年。家族の思いが形になった店だ。

店を任せる決断「好きなことを伸ばしてあげたい」

厨房に漂うスパイシーな香り。ここは5月にオープンしたカレー専門店「Glassano(グラサーノ)」。長野大通りからひとつ脇道に入った住宅地の中にある。

風間蒼志さん:
お待たせ致しました、こちらチキンカレーになります。ビーフカレーもすぐお持ちします

客:
おいしかったです

客:
辛いのが苦手なので、辛くなくてちょうどいいです

この記事の画像(10枚)

店長の風間蒼志さんは、この春に高校を卒業したばかりの18歳だ。

風間蒼志さん:
お客さんが来てくれるか不安がすごいあったんですけど、お客さんの笑顔が見られて、今はすごく楽しくやっています

「グラサーノ」はもともとは、蒼志さんの父・祐二さんが鍼灸院を営む傍ら経営していたソフトクリームの専門店。10年以上、長野駅前で親しまれてきたが、新型コロナの影響で2020年に閉店した。

祐二さんは、両親の家が古くなって手入れが必要になったことから、そこを改築して新たな店を開こうと思い立った。

風間蒼志さん:
飲食店をやりたいという家族会議で、自分の好きなカレーの話題を出したら皆が賛成してくれて、このグラサーノが復活した

蒼志さんは当時、高校3年生。卒業を控え、進路について考えを巡らせていた頃だった。頭の片隅にあったのは、子どもの頃から見ていたソフトクリーム店を営む父や祖母の姿だった。

風間蒼志さん:
(父や祖母が)うらやましくて、すごい楽しそうだなって思ってました。アルバイトの経験もなく接客もしたことないけど、お店をやってみたいと思っていた

その思いを察した、オーナーでもある祐二さん。コロナ禍の客商売はそれほど甘いものではないと思いつつも、思い切った決断をした。

父・祐二さん:
わずか18歳ということで、本人も何もやったことがないというプレッシャーもあるでしょうが、新たなチャレンジとして捉えてもらいたいと親として思った。本人が好きなことを伸ばしてあげたいと、店長という非常に重たい役を任せました

父・祐二さん

食材のうまみ感じるチキンカレー スープで味変も

卒業とほぼ同時に新生グラサーノの店長になった蒼志さん。手つきはまだ、たどたどしいものの…。

風間蒼志さん:
タマネギをあめ色になるまで20分くらい炒めて

作っているのは、家族で試作を重ねてたどりついたチキンカレー。独自配合のスパイス、鶏肉、そして、たっぷりの夏野菜を入れる。

風間蒼志さん:
これでチキンカレーの完成です。(出来栄えは)いい感じです

お味は?

風間蒼志さん:
ばっちりです

「魅惑のチキンキーマカレー」は1200円。

独自配合のスパイスと鶏肉、たっぷりの夏野菜が絶妙にマッチ

記者:
辛さがほとんどなくて、野菜の甘みがぐっと広がる。とってもおいしいです

このままでも十分おいしいのだが”味変”も楽しめる。セットでついてくる「黄金のスープ」をカレーにかけると…。

記者:
スパイシーなカレーが一変して、和のテイストが入った新感覚のカレーになりました

スープのレシピは企業秘密だ。

風間蒼志さん:
グラサーノのカレーは辛くなくて、国産牛や国産の食材を使ったうまみを食べてる人に感じてもらいたい

父と祖父母がサポート 家族全員で成長

基本的に1人で店を任されているが、忙しい時には家族がサポート。祖父・康則さんは客が帰った後の片付けを、父・祐二さんと祖母・悦子さんは調理を手伝う。

(左から)祖父・康則さん、蒼志さん、祖母・悦子さん、父・祐二さん

風間蒼志さん:
忙しかったり人数が多くなった時は、家族がすぐ助けに来てくれるので、本当に感謝です

ランチタイム後の休憩時間。

風間蒼志さん:
うわっ、やばい!負けましたね。これは…負けました

スマホでゲームに興じる姿は今どきの18歳だが…。

風間蒼志さん:
今はインスタグラムに載せている動画を編集しています

趣味の動画編集の腕を生かして店の「広報」も担当し、SNSで店の情報を発信している。

風間蒼志さん:
18歳の店長はあまりないと思うので、それを生かしてインスタとかで投稿すれば話題になるかな

家族3世代で営むカレー店。孫と一緒に働くことになった祖父母はどう思っているのか。

祖母・悦子さん:
友達に話したんですけど「お孫さんと一緒にやれるのは幸せね」って言われて。頑張ってやっているので、しっかりやってもらいたいなと思います

祖父・康則さん:
18歳で若いからダメだってことじゃなくて、それを家族みんなが分担して盛り立てていけば、家族の絆も強くなる

一方、コロナ禍に息子の進路選択が重なる中、あえてチャレンジの道を選んだ父・祐二さんは。

父・祐二さん:
家族全員がまだまだなんでしょうけど、蒼志を中心に全員が成長している感じです。一人のお客さんを笑顔にすること、そのシンプルな答えを出すために、いろんな人が携わっているんだということを勉強してほしい

家族の強力なサポートを受ける若き店長。責任感も芽生え、少しずつ成長している。

風間蒼志さん:
みんな熱心なので、その期待に応えられるように頑張っていきたいです。(周りに家族がいると)心強いです。お子さまからお年寄りの方まで年齢層広く、ゆっくり過ごしてもらえるお店にしたい

(長野放送)

記事 670 長野放送

長野の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

長野県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

FNNピックアップの他の記事

CMロケ地にも…貴重な戦前の名建築「旧藤武邸」解体へ 「苦渋の…

CMロケ地にも…貴重な戦前の名建築「旧藤武邸」解体へ 「苦渋の…

ライフ
「ゴミだらけになると地球なくなっちゃう」7歳女の子が1日限定リ…

「ゴミだらけになると地球なくなっちゃう」7歳女の子が1日限定リ…

ライフ
“日本版海兵隊”配備でオスプレイも?「戦争につながりかねない…

“日本版海兵隊”配備でオスプレイも?「戦争につながりかねない…

政治
「投票券があっても投票に行けない」障がい者も “情報のバリア…

「投票券があっても投票に行けない」障がい者も “情報のバリア…

政治
“チャーハンの香り”が走行中に…豚骨ラーメン「飲み残しスープ…

“チャーハンの香り”が走行中に…豚骨ラーメン「飲み残しスープ…

経済
海軍グルメを手探りで再現! 人気漫画「艦隊のシェフ」と夢のコ…

海軍グルメを手探りで再現! 人気漫画「艦隊のシェフ」と夢のコ…

ライフ
一覧ページへ
×