約1キロも先の的を目がけて、素早く正確に射撃。ごう音が駐屯地に鳴り響く。関西で開かれた、自衛隊の「戦車の射撃競技会」だ。西日本から総勢80人の陸上自衛官が参加し、日頃の訓練で培ってきた技術などを競い合う。
この大会に挑んだ、2人の女性自衛官を取材した。

戦車に乗り込み、5連覇目指す…女性自衛官2人も大会で“重要任務”

この記事の画像(22枚)

滋賀県高島市にある、陸上自衛隊の今津駐屯地。「戦車の射撃競技会」まで、あと4日に迫っていた。今津駐屯地に所属する「第三戦車大隊(第一中隊)」では、隊員が集められ、中隊長がげきを飛ばす。

第三戦車大隊 第一中隊長・本村武久 1等陸尉:
きょう我々が達成しないといけない目標は「今までの自分たちを超える」。具体的には、一昨日実施した射撃の成果を超えろ

この「第三戦車大隊」は、競技会で5連覇を目指す精鋭部隊だ。集められていた隊員の中に、2人の女性自衛官の姿があった。2人に、陸上自衛隊を志望した”動機”を聞いた。

第三戦車大隊 第一中隊・足木君花3等陸曹(24):
東日本大震災とかそういうのを見て、私もこういう災害派遣とかに貢献していきたいと思って自衛隊を希望しました

第三戦車大隊 第一中隊・村上日菜子 陸士長(21):
国や国民を守る仕事をしたいと思ったからです

女性は全体の8%…女性活躍推進で戦闘伴う職種にも配属進む

女性自衛官は年々増加しているが、まだ全体の8%ほどにとどまっている。身体的な負荷が大きいため、女性自衛官が戦闘を伴う職種に就くことは、これまで制限されていた。

しかし高齢化や自衛官の人手不足などを背景に、女性の活躍推進の取り組みが進み、足木さんや村上さんのような女性自衛官も、戦車の部隊に配属されるようになった。

第三戦車大隊長・足立賢一 2等陸佐:
自衛隊の任務が多様化・複雑化する中で、より有用な人材を確保する目的で、女性にも自衛隊としても職域を解放して取り組んでいます

「第三戦車大隊」へ入るのは、足木さんの念願だったという。競技会では、重要な戦車の“操縦”を担うことになった。

第三戦車大隊 第一中隊・足木君花 3等陸曹:
私は操縦手なので、隊形の維持とか色々あるのですけど、そういうのを保持していけるように、最後は完璧に仕上げていきたいと思います。目標は優勝です!

弾薬を込める役割(装填手)を担う村上さんは…

第三戦車大隊 第一中隊・村上日菜子 陸士長: 
緊張もしているのですけど、緊張もしすぎずにリラックスもして、自分の任務をやりとげ…やりとべれば…いいなと思います

緊張からか、噛んでしまった村上さん。苦笑いです(笑)

戦車に挟まれた場所でとる”束の間”のお昼休憩には、先輩自衛官と、戦車の射撃について話していた。

先輩自衛官たち:
「パイプが経年劣化で破裂して。ぶわーって右半身が油まみれになって。ほぼ全身」「それでも戦車射撃続けたもんな」「僕は帰ります。油に濡れたら」「俺も帰ります」

そして、競技会を前にした村上さんを励ます。

先輩自衛官:
村上は伸びしろの塊。これから伸びてくれ

村上さん:
頑張ります

訓練の成果は発揮できるのだろうか。

「戦車の射撃競技会」本番当日…5連覇の行方は

いよいよ「競技会」本番当日。足木さんと村上さんが乗る戦車がやってきた。4両の戦車が、一糸乱れぬ動きで、横一線に走る。

そして、1キロ以上も先にある、1.8メートル四方の小さな的をに狙いを定める。

「発射!」

中には、動く的もあったが…

見事、命中した!

しかし、どの部隊も命中率が高く、“接戦”となった。2人の5連覇をかけた結果は?

「部隊の部受賞式」は、惜しくも2位だった。

第三戦車大隊 第一中隊・足木君花 3等陸曹:
惜しくも部隊対抗の部では優勝できなかったので、まだまだ課題はあるのかなと。ほど良い緊張感をもって射撃競技会に臨めて、悔いなく操縦手として役目は果たせたのかなと

第三戦車大隊 第一中隊・村上日菜子 陸士長:
ゆくゆくは自分が操縦手、砲手となって結果を出せたら良いなと。先輩や上司にいろいろ聞いてどんどん成長していきたいと思っております

「第三戦車大隊」という憧れの部隊で躍動する2人の女性自衛官。彼女たちの挑戦はまだまだ続く。