瀬戸内の景色と人に魅せられて島に移住した男性と、その仲間たちが仕掛けた手づくりの芸術祭。その熱い思いを取材した。

広島・福山市内海町は、内海大橋でつながった2つの島、田島と横島からなる。ここでこの春、島全域がアートであふれた、ある芸術祭が行わた。

この記事の画像(22枚)

誰でも無料で出品できる…8~80歳の200点展示

ここはその会場の一つ、ふくろうの花畑カフェ。

芝桜が植えられた敷地内に作品が並ぶ。

島の景観を生かした芸術祭、その名も「みんなのせとうち備後芸術祭」(すでに終了。4月15日から5月15日まで開催)

みんなのせとうち備後芸術祭実行委員長・広田和典さん:
特徴はアンデパンダン(無審査・無償・自由出品の美術展)。出したい人は誰でも出品できる、無料。そのかわり、制作費や運賃も全部自分持ち。8歳から80歳まで100人以上が参加しました。作品は200点。
びっくりしています。みんな何か発表したいのかな。みんなの美術展になったような、勝手にそんな気がしています

芸術祭は、田島と横島のほぼ全域。15カ所に、プロ・アマを問わず約200点もの作品が展示された。島にある普通の建物も利用された。

広田さん:
昔、縫製工場だった建物。この景色が気に入ってしまって。会場に使わせてくださいとお願いした。どうですか。ここまでにしたんです!

実行委員長、広田和典さんの作品も。

広田さん:
僕のは、だいたい、こういう感じの絵です。東海村とかチェルノブイリとか、震災とか。全くある日突然被害にあって、人生を変えられた人をずっと追いかけてきたつもりです。ウクライナの人もある日突然、鉄砲の弾が飛んでくるわけですから。許せません

美しい景色にほれ込み移住…散策しながらアート探すのが芸術祭の楽しみ

3年程前に移住してきたという広田さん。この島で芸術祭を開こうと思った理由は?

広田さん:
もうそれは景色です。田島、横島の素晴らしさを見てほしいんです。瀬戸内海はみんな美しいというけれど、これくらい美しい瀬戸内海があるだろうか、というくらい好き。とにかく瀬戸内海を代表するような場所だと思います。穏やかで静かで、人がいい。少なくとも福山の人には来てほしいですね

こうした広田さんの島への熱い思いから始まった芸術祭。島の良さをより感じるため、散策しながらアートを探すことが、この芸術祭の楽しみの一つ。

神社境内のアート

島ならではの細い道を進んだところに会場が…

会場の一つ、ボラギャラリー。

古民家を改装した画廊だ。ここにも様々な作品が。お客さんも、島のアートと散策を楽しんでいたよう。

観客:
たまたま、きょう久しぶりに自転車に乗るかと言うことで内海に来た。芸術祭のことを聞き、地図を見ながら1軒1軒回っている。こういった港町だから入り組んでいるけれど、それがまた楽しいんです。内海の町にこんなところがあるんだと

古民家と蔵を再生 若い芸術家の発表の場に

このボラギャラリーの奥にある蔵でも作品を展示。2階に上がると…ひと部屋全部を使った作品が。太田琴さんの作品「此処(ここ)」

太田琴さん:
この空間全てが作品ですよ、ということになっています。

太田琴さん:
初めて去年の今頃に内海大橋を渡った時、すごく感動した。あの時、内海大橋を渡った時に心が晴れた、感動した時の気持ちと、ここ(蔵)に入った時の「あっ」という気持を一緒に表現したいなということで作りました

若い芸術家の発信の場にもなっている芸術祭。そのきっかけを作ったのが、ボラギャラリーのオーナー・藤原俊彦さん。島にある古民家を再生し、活用する活動を長年続けている。

ボラギャラリーオーナー・藤原俊彦さん:
文化的なにおいがする村に少しでもしたい。文化というが、個人個人の自分の趣味、好きなモノ、やってみたいもの、でいいと思う。そういうものを、この村に根付かせるひとつのきっかけになればいい

空き家活用も目的…今後は廃校になった小中学校も活用

しかし、内海町の人口は、この20年で1000人以上も減少。2022年春には、島内の小中学校全てが閉校してしまった。
そうした中で、増えていく空き家。今回の芸術祭は、その活用も目的にしている。

藤原さん:
島の小中学校が全部廃校になったけど、それを悲しむということではなくて、新しい使い方ができるチャンス、むしろ、ここを起点に福山全体の文化レベルを上げようと、みんな燃えてやってる感じがする。
ちょっと気がめいった時とか、遊びたいなという時に思い出してもらえる田島、横島にしたい。ここに来れば、金がなくても遊べるところにしたい

広田さんの内海町への愛と、若い芸術家たちの力、そして藤原さんの夢が結集して生まれた手づくりの芸術祭。
新しい文化の発信地として、今後の展開が気になるところだ。

(テレビ新広島)

記事 407 テレビ新広島

広島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。