この記事の画像(28枚)

2021年10月、名古屋市瑞穂区に、障害がある若者たちの就労支援を目的としたカフェがオープンした。オーナーの思いに地元の名店が賛同し、監修。こだわりのドリンクやランチがお値打ちで楽しめると、たくさんの人で賑わっている。

地元名店の監修メニュー続々…お値打ち価格でにぎわう店内

名古屋市瑞穂区の名城線「堀田駅」から徒歩2分のところにある「カフェ magnet(マグネット)」は、2021年10月にオープンした。店内には開放的な大きな窓があり、明るい雰囲気のつくりだ。

男性客A:
シンプルでオシャレ。ゆったりできる感じが好き
女性客A:
落ち着く感じで、とてもいい
女性客B:
素敵な空間になっていて、何回も足を運びたい

淹れたての自家焙煎のコーヒーが人気の「ダブルトールカフェ」が監修した「渋谷ブレンド」(500円)や…、

日本茶専門店「妙香園」監修の「抹茶オレ」(500円)。

さらには、名古屋で20年前から紅茶専門店として人気の「ラティス」が監修した「フレイバーティー ライチ」(500円)など、ドリンクはすべて一杯500円。

ランチは、昭和区で人気の老舗「比呂野」監修の「カレーランチセット」(1000円)のほかにも、

醤油ベースのソースでボリューム満点の「大きな和風ハンバーグランチセット」(1000円)などを、1000円で楽しむことができる。

障害を持つ若者たちの就労訓練カフェ「コミュニケーション力を」

この店は一見は普通のカフェに見えるが、実は発達障害や知的障害のある若者たちが、仕事の訓練をするためのカフェだ。店を営む、竹内亜沙美さんに話を聞いた。

オーナー・竹内亜沙美さん:
精神障害がある方たちが社会に出て、就職を目指すための就労訓練のカフェ。コミュニケーション力をつけていきたいと思ったのでカフェに

オーナーの竹内さんの思いに賛同した地元の名店が、無償でレシピを提供。調理指導までしてくれたという。そんな名店のメニューが、お値打ちに楽しめるのだ。

このカフェには、お客さんにも、働く障害がある人たちにも嬉しい様々な工夫がある。

男性スタッフA:
お水とおしぼりお使い下さい。ご注文が決まりましたら、お伺いします。失礼いたしました

この店では、18歳~24歳の障害がある若者約15人が、ホールやキッチンスタッフとして働いている。

女性スタッフ:
いろんな人と関わって、一緒にドリンクを作ったり、お客さんと会話をしながらオーダーとって…。お客さんから「ありがとう」と言ってもらえると嬉しい
男性スタッフB:
お客さんがたくさん入る時もオーダーがいっぱい入ってきて、ドリンクとか作るのが大変。がんばってます

ホールを担当する人は胸に初心者マークを着けて、お客さんの出迎え、オーダー取りからお会計までをこなす。その仕事ぶりを、オーナーの竹内さんやブラウンのエプロンをつけたサポートスタッフが見守ることで運営をしている。

竹内亜沙美さん:
オープン当初は本当に大変でした。カフェでは「いらっしゃいませ」と誘導すること、お水が出てくることも知らないスタッフが多かったので、そこからやりました

キッチンスタッフがケガをしないよう…包丁や直火を使わない料理に限定

小銭を扱うことが難しい人でも働けるように、ドリンクとデザートは500円、ランチは全て1000円に設定した。

また、キッチンスタッフのケガなどを防ぐために、メニューは全て、包丁や直火を使わなくても調理できるものに限定した。

例えば「クロッフルランチセット」(1000円)では、安全に調理ができる上、見た目も華やかになるように考えられたという。

竹内亜沙美さん:
野菜は、自分たちで切るのではなくカットしてある野菜を購入することで、ムラなく焼けるように。調理器で「6の火力で何分焼こうね」と、全て数字でわかりやすく

お客さんに一緒に育てて欲しい…接客で社会人としての自覚を

竹内さんは、就労支援の場をなぜカフェにしたのか。

竹内亜沙美さん:
この先、健常の方たちと社会で働いていかなければならないのに、支援者と障害者だけの空間って…、と、疑問に思ったのでカフェにしようと

竹内さんは、色んなお客さんに来てもらい、一緒に育てて欲しいとカフェを選んだ。いつも顔を合わせるサポートスタッフには甘えてしまう子も、初対面のお客さんを相手にすることで、社会人としての自覚が育つという。

また、健常者との架け橋になって欲しいという願いから、「就労支援」や「福祉」といったことは謳わずに、“一般のカフェ”として運営している。

竹内亜沙美さん:
福祉の事業所が運営するカフェは、福祉がやっているってわかりやすいところが多い。福祉の看板がついているから「これくらいの商品でいい」「こういう接客をしてもいい」とならないためにも、普通のカフェとして運営していこうと

スタッフたちも無理なく仕事ができ、お客さんもお値打ちに名店の味を楽しめる、両者にプラスの効果を持たせた結果、お店も賑わい、障害がある人たちの社会進出を応援する場にもなっているという。

女性客C:
知らずに来たけど、そういう場があるのはすごくいい。皆さんに働ける機会があるのは

男性客B:
一つの職場として成立するのであれば、広がってほしい

竹内亜沙美さん:
お客様に愛を持っている、それぞれが。「こういう料理をお届けしたい」「また来ていただきたい」っていう誰かの役に立つことが自然にできるようになって、喜びになっています

若者たちはここで働く中で、働く責任や金銭管理など、実際に働いてみないとわからないことが自然と身に付いていると竹内さんは話す。

チラシの折り込み、通販商品の梱包…人前が苦手な人は内職も

さらに、カフェの2階には内職をする人たちの姿があった。

竹内亜沙美さん:
「人前は苦手」「カフェやりたくない」という方は2階で仕事を

チラシの折り込みや通販商品の梱包、自社商品の紅茶のギフトセットなどを作っている。まだ人前に出る自信がない人や、カフェだけでなく色んな仕事をやりたい人たちはここで働いている。

働く男性A:
時にはちょっと難しいと感じるけど、けっこう楽しめている
働く男性B:
将来は自分のお店を建てたい、(車の)カスタム専門のお店。そのために整備士の資格を取りたい

障害がある弟の存在がきっかけ「可能な限り自立した人生を」

竹内さんが障害がある若者を支援するきっかけは、重度の知的障害と身体障害がある弟の存在だった。

竹内亜沙美さん:
小さい時から障害がある子がいるのは普通の感覚で。教員採用試験を受けた時に、養護学校の先生になろうと

養護学校の先生になった竹内さんだが、その後、様々な問題があることに気が付いた。

竹内亜沙美さん:
障害者年金を全員もらえると思っていたら、手帳があるだけではもらえなかったり…。国ってお金の保障してくれない場合もあるんだって

十分な保障がされていない障害のある人たちが、就職し、自分で稼ぐことができるように…。竹内さんは、高校生のうちに就労訓練をしたり、インターンに連れて行ったりと、企業と社会が身近に感じられるような活動をしている。

健常者同様に可能な限り自立した人生を送ってほしい。その願いを形にしたのが、このカフェなのだ。

たくさんのお客さんと一緒に彼らを見守り、そして自分のやりたいことを見つけて巣立っていく…。竹内さんは、障害がある人たちが、活躍できる社会になることを願っている。

(東海テレビ)

記事 2091 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。