「防波堤釣り」に異変 長年の“黙認”状態から一転、立ち入り禁止に 憤る渡し船業者…再開への遠い道【兵庫発】
FNNピックアップ

「防波堤釣り」に異変 長年の“黙認”状態から一転、立ち入り禁止に 憤る渡し船業者…再開への遠い道【兵庫発】

密を避けられるレジャー、釣り。新型コロナウイルスの影響でさらに人気が高まっていて、釣り場には子どもから大人まで多くの人が集まる。

中でも、渡船(渡し船)で行く防波堤での釣りは、ファンから根強い人気を誇っている。

この記事の画像(19枚)

釣り人:
ほとんど毎週(防波堤に)来る。陸地からでも釣れんことはないよ。でもあんまりたくさんは釣れない。防波堤なら釣れる種類も多いし、ブリとかも釣れる

なぜ?多くの釣り人でにぎわった神戸港が閑散

この防波堤での釣りを巡って、兵庫県神戸市でトラブルが起きている。

神戸港の沖合に浮かぶ10以上の防波堤には、これまで多くの釣り人が集まってきた。しかし今、そこに釣り人の姿はない。

約30年もの間、神戸で渡船業を営んできた本木さんに話を聞いた。

(Q.今、船は)

神戸渡船 本木昌征さん:
使ってないですね。今は全く使ってないです

本木さんたち神戸の渡船業者は、半年近く休業を余儀なくされているという。そのきっかけは、2021年10月に神戸市から届いた一通の文書だった。

神戸市の通知文書:
防波堤へ侵入した場合は、拘留または科料に処される

許可なく釣り人が防波堤に立ち入った場合、渡船業者にも刑事責任を問うというもの。この突然の対応に怒っているのが、同じく渡船業を営んできた神島さんだ。

松村渡船 神島晃一さん:
50年近く僕たちが渡船業やってるの知ってた上で突然の通知。正直なところ、言葉を選ばなければ「どうなの」っていう。こちらも仕事にしてますので

神戸渡船 本木昌征さん:
本当だったら、今からがお客さん多い時期ですね。週末でいうと100人前後くらいですね

(Q.今、収入は?)

神戸渡船 本木昌征さん:
収入はゼロですね

年間5万人ほどが利用し、長年釣り人に愛されてきた神戸港の渡船。神戸市はなぜ、禁止にしたのだろうか。

突然の通知「納得してない」 安全面での懸念も

神戸市 神戸港管理事務所 喜多俊文所長:
昭和48年に条例が改正になった。それ以来、条例上は立ち入りができない施設になっている

実は神戸市の条例では、防波堤への立ち入りは昔から禁止だったというのだ。

条例に従ってもらうよう、改めて通知しただけだと説明する神戸市。しかし、渡船業者には納得できない理由がある。

松村渡船 神島晃一さん:
納得してないですね。僕たちが渡船やっているのは神戸市も知ってましたし、本当に禁止であればもっと前から色々やられてるはずだと思います

神戸渡船 本木昌征さん:
(市から禁止だと言われたことは)全くないですね。黙認されていた形ですね

これまで神戸市が黙認していたから、仕事を続けてきたという渡船業者。かつては市と協力することすらあったというのだ。

松村渡船 神島晃一さん:
市だけではちょっと港を管理しきれないから、僕らみたいな港で仕事してる人間が一部管理しつつその場所を借りつつ、みたいな。持ちつ持たれつの相互理解があったと思っている。それが急になくなっちゃったなという感じがします

この主張に対し、神戸市は… 。

神戸市 神戸港管理事務所 喜多俊文所長:
(防波堤での)釣りの現場を見たときには、市の職員は注意はしていたと思うんですけど。受ける側(渡船業者)からすると、唐突と言われるのはそうかもしれませんが、どこかで線を引かなければならないので

判断の唐突さは認めつつ、あくまで防波堤釣りは禁止してきたと業者を突き放す神戸市の強い姿勢の背景には、安全面での強い懸念がある。

海上保安庁によると、全国で毎年100人ほどが釣り中の事故で死亡、または行方不明になっている。神戸市でも事故につながる危険行為を確認していて、見過ごすことはできないと考え、通知を出したのだ。

神戸渡船 本木昌征さん:
安全基準がこれっていうのは、実際には決まってない。話し合って基準を決められたらいいと思うんですけど

自治体ごとに異なる対応 大阪市では

一方、同じ大阪湾にある大阪港の防波堤には、今も多くの釣り人の姿があった。その理由は…。

記者:
大阪市が設置しているこちらの青いボックスには、浮き輪や縄ばしごなどの救命具が入っています

大阪市の夢洲では、2007年に釣り人の死亡事故が発生。それをきっかけに防波堤での釣りの全面禁止も検討したが、市民からの要望を受けて安全対策をした上で、一部エリアで釣りを認めている。

釣り人:
非常にいい遊びだと思います。行政にもある程度理解してもらって、今後も楽しく釣りができればと思いますね

大阪の渡船業者は…。

ヤザワ渡船 矢澤明さん:
大阪市の港湾局とも年に3回、4回も会合を開いて。安全対策は完璧やと思ってます

(Q.行政とのコミュニケーションは)

ヤザワ渡船 矢澤明さん:
当然、うまくいっております 

行政と渡船業者がコミュニケーションを取ることで、釣り人の居場所が守られた大阪港。

神戸でも大阪港のように、なんとか防波堤での釣りを再開させたいと、本木さんや神島さんは立ち入り禁止の解除に向けて、市内の釣具店に署名への協力を求め始めた。

浮き輪やはしごでは不十分 市が求める対策は費用数億円

松村渡船 神島晃一さん:
救命浮環(浮き輪)、タラップ、縄ばしごは、必要に応じて付けるべきだと思う。今後、神戸市と協議して、安全対策として求められるなら準備するつもりです

しかし、神戸市は釣りを安全なものにするには、浮き輪やはしごだけでは不十分だと切り捨てる。

神戸市担当者:
我々が考えるのは、防波堤の上に柵などの施設を作るということ。陸上の工事とは(費用で)桁が違ってくるのではと

転落防止のためには柵が必要で、数億円とされる工事費は工面できそうにないというのだ。再開への道筋は、いまだ見えない。

松村渡船 神島晃一さん:
安全面の確保は絶対必要。ルールをしっかり作って、安全に安心に正常に運行できるのがベストなので、それは目指したいところですよね

神戸の防波堤での釣りは、このままできなくなってしまうのか。行政と渡船業者の溝は深そうだ。

(関西テレビ「報道ランナー」2022年5月26日放送)

関西テレビ
関西テレビ
メディア
記事 386
兵庫県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
【よく一緒に読まれている記事】
なぜわざわざ禁止場所で?迷惑釣り人を直撃【しらべてみたら】

なぜわざわざ禁止場所で?迷惑釣り人を直撃【しらべてみたら】

FNNピックアップの他の記事

「からあげクンめっちゃ美味しい…」引退で生活変わった寺本明日…

「からあげクンめっちゃ美味しい…」引退で生活変わった寺本明日…

スポーツ
スギ丸太の生産量、宮崎が31年連続日本一に 輸入価格上昇で国産…

スギ丸太の生産量、宮崎が31年連続日本一に 輸入価格上昇で国産…

経済
ウクライナ侵攻背景に「空き缶持ち去り」増加 自治体対策も…生…

ウクライナ侵攻背景に「空き缶持ち去り」増加 自治体対策も…生…

社会
“医師不足だからこそ”いわき市で奮闘する新人研修医 被災地へ…

“医師不足だからこそ”いわき市で奮闘する新人研修医 被災地へ…

ライフ
19歳の後継者も…休漁続く伝統の「ウミタケ漁」 復活へ向けて調…

19歳の後継者も…休漁続く伝統の「ウミタケ漁」 復活へ向けて調…

都道府県
「2人に1人が亡くなった島も…」72年生まれ“復帰っ子”がつなぐ…

「2人に1人が亡くなった島も…」72年生まれ“復帰っ子”がつなぐ…

政治
一覧ページへ
×