完全セルフのフレンチレストランって?

「得するウォッチング」、今回は「完全〇〇なレストラン」。

やってきたのは東京・世田谷区の二子玉川駅から歩いて約10分、レトロな雰囲気漂うレストラン。

この記事の画像(28枚)

店内を覗いてみると大繁盛。多い時で1日に500人以上も訪れるそう。一体、なんのお店なのか?

料理を見てみると…

横山ルリカ:
うわっ、おいしそう!いいですね~

本格的な高級フランス料理だ。

でも、こちらのお店は普通のフレンチとは一味違うある特徴があるのだそう。そこで店内に定点カメラを設置して、大人気の理由である「完全○○」を調査することに。

横山ルリカ:
すごいですね、平日でも結構来ていますね。2人とも携帯を取り出しましたね。バーコードを読み込んでいる感じですね。これ最近、結構流行っているアプリで注文できるっていうお店って事ですかね!

こちらのお店はセルフオーダー。携帯に専用アプリをダウンロードし、席から注文します。

さらに、入口付近を見てみると…そこにあったのは、フレンチなのに食券を買う券売機。

横山ルリカ:
へぇ〜フレンチ、食券機で買うっておもしろいですね!

そう、ここは珍しい“完全セルフ”なフランス料理店「セルフサービス フレンチ ルナティック」。

常務取締役 鍋島安砂美さん:
日本でも世界でも、ウチだけじゃないかなって思います

さらにウォッチングを続けると、こんなセルフサービスも…

料理の受け取りも自分で…人件費を削減して低コストに

店員:
アプリ418番でご注文の方、ドリンクのご用意ができております

横山ルリカ:
お客さんが立って、取りに行きましたよ!

番号を呼ばれたら、ドリンクや料理をお客さんが取りに行くシステム。そして、フレンチを堪能した後は…

横山ルリカ:
今、お客さんが食べ終わって、お皿を片付けてますね。これもセルフなんですね!

店員:
お片付け、ありがとうございます!

こうして、“完全セルフ”にする事で人件費を最大限に削減。

「牛すじのシチュー(590円)」「サーモンのカルパッチョ(980円)」「あさりのワイン蒸し(980円)」「ロブスターのロースト(1780円)」など、本格的なフランス料理をリーズナブルな価格で提供しているんだそうです。

常務取締役 鍋島安砂美さん:
通常だとキッチンとホールスタッフ含めて12人くらいでやるんですけど、今日みたいに忙しくても4人で全てを回していますね

フォアグラがのったステーキも1860円!

そんなお店の1番人気が…このボリュームたっぷりのステーキの上に、分厚いフォアグラがのった「牛フィレのステーキ フォアグラのせ」。

そのお味は…

客:
おいしい!2000円もしないでね

横山ルリカ:
えっ!2000円もしないんですか!

店長さん曰く、これを高級フランス料理店で食べた場合、5000円以上はするとの事ですが、
こちらはセルフサービスなので、お値段は1860円。

横山ルリカ:
いい焼き加減!最高だな、これ!う〜ん!お肉やわらかい!フォアグラのいい感じに濃厚な感じで、お肉とフォアグラ、お肉とフォアグラみたいな感じで、めちゃくちゃバランス良い!これで1860円、破産しないですか?

常務取締役 鍋島安砂美さん:
ギリギリです!

採算ギリギリなのに、なぜ“完全セルフ”のフレンチを始めたのでしょうか?

高級感の強いフレンチ料理をカジュアルに

常務取締役 鍋島安砂美さん:
フレンチっていうと、黒い服を着た人が側に立っていて、ガチガチになっちゃって、せっかくおいしいものも味もわからないような感じになってしまうので、そうじゃなくて、もう少しカジュアルに。そして、おいしいものがリーズナブルに。1度しか行けないフレンチじゃなくて、毎日来ていただけるようなフレンチにしたかった

ちなみに、この日、1時間のウォッチングで“セルフ片付け”のお皿は山積みに。

フランス料理店らしからぬ光景ですが、お客さんの感想は…

客:
食器下げたりするの忘れちゃったりするんですけど、何度か来て慣れれば。それでこの値段だったら、十分過ぎると思います

七輪でセルフ焼き!高級食材ウナギを堪能

それでは、次なる“完全セルフ”な人気店をウォッチング。

「超〜レアな!高級食材のセルフレストラン」早速、ウォッチング スタート!

お客さんの前に運ばれてきたのは…

店員:
すみません、失礼致します。七輪、真ん中に置かせていただきます

横山ルリカ:
七輪!?

七輪のあとに運ばれてきた食材をよく見てみると、一見、白身魚のように見えますが…

これをじっくり焼いていき、さらにタレをつけて焼くと、お馴染みの姿に。

店員:
焼き用のウナギです

横山ルリカ:
えっ!ウナギ!?セルフで生のウナギを焼くんですね、自分で!

セルフ焼きすることで1500円以上お得に

こちらは、「ウナギのセルフ焼き」ができる超レアなお店だったんです。「ウナギ」といえば、高級料理で職人さんが焼くイメージですが…

店長 本田明日雅さん:
お客さんに焼いてもらうことで、老舗のうな重より1500円以上、かなり安く出しています。

お客さん自身が焼くこちらのお店では、しっかりと脂がのった高級ウナギの定食を2980円で楽しめちゃうんです。

ウナギの美味しい焼き方も、丁寧に教えてくれます。

店員:
まず皮面から焼いていただいて30秒、それからひっくり返して30秒。これを3セットやっていただいた後に、タレをつけて焼いていただくと蒲焼の完成になります

ウナギにつけるのは、醤油・酒・みりん・ザラメなどを加えた自家製の“秘伝のタレ”。

横山ルリカ:
タレを今、つけて焼いてます!お~、イイ感じに出来上がってきてますよ!

ちなみに、ウナギは焼けば焼くほど身が柔らかくなるそうです。

横山ルリカ:
う〜ん、こんなの何口でもいけますよ!脂で溢れてるって感じで、高級なうな重とお味も変わらないです!おいしすぎる!

子どもに人気!ウナギのつかみ取り体験

さらに、子ども達のテンションも上がるこんなサービスも。

店員:
つかみ取りやりたい?

子ども:
うん!

店員:
つかみ取りやる? いいよ!

横山ルリカ:
えっ?食べる分のウナギもセルフで取れるんですね!

なんと、注文した「ウナギ」をセルフでつかみ取り。滅多に体験できないつかみ取りや、セルフ焼きで味わった「ウナギ」いかがでしたか。

母:
ずっと熱々で食べれてよかったです

子ども:
おいしかった!

父:
家族で来るのは楽しい!

(めざまし8「得するウォッチング」5月23日放送)

めざまし8
めざまし8
記事 471