名菓「くるみそば」復活 畑違いの経営者が和菓子作りに挑戦 思い受け継ぎ味を守る…職人も再集結【長野発】
FNNピックアップ

名菓「くるみそば」復活 畑違いの経営者が和菓子作りに挑戦 思い受け継ぎ味を守る…職人も再集結【長野発】

長野県上田市で70年近く続いた菓子店が、2021年7月に新型コロナなどの影響で閉店し、名物の菓子も姿を消した。しかし、2022年2月に復活。店を救ったのは、ファンの一人だった農業関係の会社を営む男性だった。

お土産にと市民に親しまれた「くるみそば」

桜の名所・上田城跡公園。2022年の「桜まつり」は、新型コロナの影響で見送られてきた物販も、感染対策をした上で2年ぶりに行われた。その中には、上田の名菓も。

上田城跡公園の「桜まつり」
この記事の画像(11枚)

信濃路うさぎやの「くるみそば」。あんこをそば粉の皮で包み、上にクルミをまぶしてある。土産の品として上田市民には定番の和菓子だ。

購入した人:
みんな大好きで、おみやげにはいつも必ず買っていたお菓子

購入した人:
クルミの味がおいしくて、あんも普通のあんとは違うので

今、売られているのは復活した「くるみそば」。元々の「信濃路うさぎや」は、2021年7月に閉店していた。

店は昭和27年(1952年)の創業。菓子やパンを販売し、市民に愛されてきた。しかし、建物の老朽化や新型コロナの影響などが重なり、経営者は約70年の歴史に幕を下ろすことにした。

当時、SNSでは「小さい頃から慣れ親しんだものがなくなってしまう悲しみ。ずっと忘れない」「ちょっとしたおみやげに最適だった。包装紙もすてきだったのに」と閉店を惜しむ声があった。そこにうれしい知らせが…。

新たな場所で復活した「信濃路うさぎや」(長野県上田市)

ウサギのマークに看板、2022年2月に「信濃路うさぎや」は別の場所で復活を果たしたのだ。

「上田の文化を残したい」ファンの一人が継承

店を復活させた永山一男さん(62)は、農産物の生産・加工販売を行う「ずくだせ農場」の代表だ。

これまで地元の大豆を加工販売したり、次世代の農業を担う若手をバックアップしたりと、農業の振興に携わってきた。その永山さんがなぜ、畑違いの店の復活と菓子作りに挑んだのだろうか。

信濃路うさぎや・永山一男会長:
お菓子の域を脱して、ひとつの文化になっているだろうと。上田市の人たちは「くるみそば」を上田の誇りと考え、他人にプレゼントしているのでは。これがなくなるのは寂しいなと思って、私がうさぎやの「くるみそば」を継承していこうと決めました

永山さんも「くるみそば」のファン。前の経営者から屋号と事業を受け継ぎ、新たな挑戦を始めた。

信濃路うさぎや・永山一男会長:
私は業界違いで和菓子作りはやったことがなかった。一番大変だと感じたのは、建物や製造ラインをつくったり、雇用したりすることより、創業者や社員の思い、お客さまの思いを全部引き継ぐこと。そこに一番のプレッシャーを感じて、そんなに簡単にやろうと言ってよかったのか、私の力でできるのかと不安に感じました

製法も包み紙も変わらず 待ちわびた客は

前の経営者の思いも受け継ぎ、あの味を守りたい。そう願う永山さんのもとに頼もしい仲間が集まった。

くるみそばを作っているのは、以前の「うさぎや」で働いていた職人たち。一度は別の店で働いていたが、復活を聞いて新生「うさぎや」に集まったのだ。

以前の「うさぎや」で働いていた職人が集まった

職人・川崎浩平さん:
うれしかったですね。またくるみそばが作れると思って。歴史あるお菓子なので、その歴史を受け継ぎつつ、味もよりいいものに、おいしいものにしていきたい

製法は以前のまま。レーンも前のうさぎやから受け継いだ。自慢は4~5時間かけて煮たあんこ。

4~5時間かけて煮たあんこが自慢

そのあんこを石臼挽きした県産のそば粉の皮で包む。クルミもたっぷりと。形を整え、オーブンで焼いたら完成だ。包み紙も以前のまま。

オーブンで焼いたら完成

上田市出身・小宮山アナウンサー:
クルミのザクザク感がたまりません。あんこもいっぱい入っているんですが、甘さ控えめなので、ぺろっと食べられます。小さい頃から慣れ親しんだ味なので、久しぶりに食べられてとてもうれしいです

客:
復活を待っていた。息子が県外にいるので、おみやげに。きょう宅配便で送ります。息子も「くるみそば」が好きです。私も小さい頃食べたのですが、やっぱり懐かしい味です

客:
上田の名菓の一つなので、盛り上げていってほしい

店と看板商品の復活に、前の経営者は「任せることがきてよかった」と喜んでいるという。永山さんはくるみそばだけでなく、以前に売られていた他の菓子も順次、復活させたいとしている。

信濃路うさぎや・永山一男会長:
一番は人に愛される、食べておいしい、食べて笑顔になる。そこに元気が出てくれたらなおさらいい。70年、100年と続けていくには、どうしたらいいかを大きなテーマにしています

(長野放送)

長野放送
長野放送
記事 670
長野県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

FNNピックアップの他の記事

これぞ名古屋…11年ぶり復活のシュークリーム「シャチボン」人気…

これぞ名古屋…11年ぶり復活のシュークリーム「シャチボン」人気…

ライフ
梅雨時期は「葉が溶けてなくなることも…」ガーデニング管理のポ…

梅雨時期は「葉が溶けてなくなることも…」ガーデニング管理のポ…

ライフ
「生乾きのイヤ~な臭い」梅雨時の部屋干し 解決の“裏ワザ”教…

「生乾きのイヤ~な臭い」梅雨時の部屋干し 解決の“裏ワザ”教…

都道府県
サウナも満喫 子育て中の親に温泉で“ひとり時間”を…「子ども…

サウナも満喫 子育て中の親に温泉で“ひとり時間”を…「子ども…

都道府県
「1万円札が枝からぶら下がってる」高まる“シャインマスカット…

「1万円札が枝からぶら下がってる」高まる“シャインマスカット…

都道府県
今が旬…採って楽しい、食べておいしい「ネマガリダケ」村の自慢…

今が旬…採って楽しい、食べておいしい「ネマガリダケ」村の自慢…

都道府県
一覧ページへ
×