長崎県中央部に位置する東彼杵郡東彼杵町。県内有数のお茶の産地で、特産品の「そのぎ茶」は全国茶品評会で4年連続日本一に輝くなど、多くの人に愛されている。

違和感から始まったドライフルーツ作り

新茶の季節を迎えるこの町で、昭和16年の創業から80年以上続いているのが「池田茶園」だ。ここで茶師として4代目を担っている池田亮さんが、ある取り組みを始めた。

この記事の画像(15枚)

池田茶園・池田亮さん:
今年もとてもいいお茶ができていると思います。そのぎ茶というのは渋みが少なくて、まろやかなバランスがとてもいいお茶だと思うので、みなさんに味わっていただきたい

2021年に始まった新たな挑戦、それが東彼杵の果物で作った「DRY FRUIT IKEDA」(ドライフルーツイケダ)。

果物自体の旨みがギュッと凝縮され、味はもちろん、香りも最高にフルーティ。ドライフルーツを食べたことさえない、全くの素人だった池田さんがゼロから作り上げた。

その始まりは、廃棄処分されてしまう大量の果物だった。

池田茶園・池田亮さん:
地元の先輩でイチゴ農家さんがいらっしゃって。毎年、規格外になるたくさんのイチゴを無償で頂いていたんですね。そういうのに少しずつ違和感を感じていて…。せっかくお金や労力、時間をかけて大切に育てているものが、傷がついていたり時期が遅れたり、少しダメなだけで規格外として廃棄処分されてしまう。生産者さんのために何か自分にできることはないかなと思って、ドライフルーツを始めることを決断しました

こうしてスタートしたドライフルーツの製造は、会社の敷地内に構えた工房で行っている。使用する果物はすべて、規格外として処分されるものを買い取っている。

池田茶園・池田亮さん:
形がいびつだったり、皮が傷ついていたり。そういう理由で規格外になるようなものを持ってきて頂いています。ただ見た目が悪かったり、時期がずれていたりというだけなので、味はとてもいいです

池田茶園・池田亮さん:
今、置いているのは東彼杵産で、賄えない分は長崎県産、それ以上は広げないような形にしています

完成まで平均24時間 新茶と子育ても

洗って、カットして、並べて…。一つ一つの工程を全て手作業で丁寧に行っていく。

池田茶園・池田亮さん:
レモンもめちゃくちゃ美味しいと思います。直接食べるのはちょっと酸っぱいけど、紅茶に浮かべるととても美味しい

みかん、グリーンレモン、きんかん、イチゴ、スイートスプリング、不知火。持ち込まれる果物は、シーズンごとに種類も量も変わる。時には100個以上のミカンがコンテナいっぱいに持ち込まれることもあり、全ての作業を池田さん1人で行うのでとても時間がかかる。

池田茶園・池田亮さん:
これからイチゴの時期がくる。で、新茶も始まってしまうんですよ。日中はお茶をして、子どもの寝かしつけをして、夜中にドライフルーツを作らないといけないと考えています。(ハードで)怖いですね

池田茶園・池田亮さん:
フルーツごとに温度や時間が変わってくるので、その見極め。毎回、作るごとに少しずつ変えています。1時間おきに確認に行って、最適なのはどれかなと見つけて。今もその途中

池田茶園・池田亮さん:
完成まで平均24時間。物によっては、もっとかかる。ブルーベリーは3日間かかるみたいです。お茶農家さんでブルーベリーを作っていらっしゃる方がいて、めちゃくちゃ余って困ってらっしゃったので、今度ブルーベリーをする予定です

義兄・福谷一徳さん:
明るく真面目な方です。職人気質なので、極めるためにもずっと勉強している。こだわる方なので、クオリティはこれから徐々に上がっていくと思います。家族で支えていきたいと思います

ラインナップは季節で変化 野菜・花にも挑戦

この小さなドライフルーツには、池田さんの強い思いが込められている。

池田茶園・池田亮さん:
お茶屋がお茶だけを売るような商売を絶対しなきゃいけない、ということはない。ドライフルーツイケダとして儲けようということは一切なくて、生産者の方が少しでも潤ってくれたらなと。

池田茶園・池田亮さん:
「次に何をするの?」「こんな果物があるけど、どう?」とか「この果物がこうなる、美味しいね」と、生産者の方がニコニコしているのを見ると、やってよかったなと思います規格外ではあるんですけど、ドライフルーツという新しい価値をつけて手にとって頂くことで、生産者の方の救いにもなる。もっとみんなに知って頂ければなと思います

店にはドライいちご、ドライみかんなどもあり、収穫時期によって夏はスイカ、秋は柿など、商品ラインナップは変わる。ニンジン、キュウリなどの野菜を使ったり、今後はドライカレー、ドライフラワーなども考え、買取額も上げていきたいという。

ドライフルーツは池田茶園のほか、町内の情報サイト「くじらの髭」や長崎市万屋町の雑貨店「ノボリクダリ」でも購入することができる。

(テレビ長崎)

テレビ長崎
テレビ長崎
メディア
記事 415