この記事の画像(5枚)

ロシア人も参加した反戦デモ 全員でウクライナ国歌を合唱

3月20日、名古屋で開かれたウクライナ侵攻に対する反戦デモ。そこにはロシア出身の女性も参加していた。声を上げることもできない母国の人々に代わり、ロシア人としてこの戦争に異を唱えていた。

マリーナ・オフシャンニコワさん:
ロシア国民は本当に戦争に反対しています。これはプーチンの戦争であり、ロシア国民の戦争ではありません

ロシアの国営テレビで反戦メッセージを掲げたマリーナ・オフシャンニコワさんは、 アメリカのテレビ番組で「ロシア人が戦争に反対していると世界に示したかった」と、その行動の理由を説明した。

多くの人が抱く反戦の意思。軍事侵攻から3週間あまりが経った20日も戦争反対を訴え、プラカードやウクライナ国旗を掲げた約200人が名古屋の街を行進した。

黄色のリュックに水色のパーカーの「ウクライナカラー」で参加した夫婦。夫のオレクシィさんはウクライナ人、妻のエカテリーナさんはロシア出身。エカテリーナさんもこの戦争に異を唱えていた。

エカテリーナさん:
この戦争を止めてほしい。ただそれだけです

母国のトップがその正当性を訴えていても、ロシア国民の中に戦争を望んでいる人が多いとは思えないという。

エカテリーナさん:
ロシアの友達も、ほとんどがこの戦争をやめることを望んでいます。彼らも人々に死んでほしくない。問題解決の手段として、戦争は良くないと思っています

ただ、ロシア国内で声をあげることは簡単ではない。国営テレビで反戦を訴えた女性もその勇気と引き換えに今後、刑事罰に問われる可能性がある。

エカテリーナさん:
(ロシアでは)警察が止めるから、こういう集会はできません。警察は(参加者を)拘束することもできる。でも私たちは行動できるから、友人たちのためにも参加するんです

ロシア出身だからこそ、声に出して訴える平和。国と国との争いに、罪のない人々の生活が脅かされている。

キエフ出身の女性:
キエフの近くに親戚がいます。普通の市民が戦いに行っている。家の近くが戦場になっている

女性の娘:
早くウクライナとロシアの戦争が終わってほしいなと

参加者全員で歌ったウクライナ国歌。その曲名は、「ウクライナは滅びず」だ。

(東海テレビ)