新型コロナウイルスで、看護師を目指す学生にも大きな影響が出ている。病院などで行われる「職場実習」の中止が今、相次いでいるのだ。
医療の現場で学ぶ貴重な機会を失った学生の「不安な胸の内」を取材した。

コロナの影響により現場実習が困難に

滅菌された医療用のガウンを身にまとう人。ベッド脇では血圧を測る人の姿も見られる。

この記事の画像(13枚)

学内実習:
きつくないですか?腕

室内には医療用の器材が多く並んでいるが、ここは病院ではない。

岸本貴博記者リポート:
福岡市の看護専門学校です。病院での現場実習のかわりに、現在 学内での実習が行われています

看護師の国家試験を受けるためには、看護学校などで専門の過程を終えることが条件で、3年制の場合、合わせて10カ月に及ぶ現場実習を終えなければ修了できない。
しかし、コロナの影響で実習生の受け入れを中止する病院が相次ぎ、学生たちは今、現場で学ぶ機会を失っているのだ。

福岡市医師会 看護専門学校・山本千代副校長:
オミクロン株が急拡大して、1月17日から本校は実習を全て学内実習に変更しております

厚生労働省は、2020年にコロナの拡大を受けて、医療機関での実習とほぼ同じ内容の授業を学内で受ければ、修了を認める方針に転換した。

卒業してからの不安を抱える学生たち

学内実習:
おしりの方も洗います。流します

「陰部洗浄」の実習。病院での実習であれば実際に入院患者に触れるが、学校では人形を使っての実習となる。

学内実習:
便はもう出てないです。男性は上から横ね

看護師を目指す学生は、学内での実習をどう受け止めているのか?

看護学生:
現場に行けないことは、これから就職して看護師になるということに関して言えば、すごく悔しい。現場の技術が学べないのは難しいんですけど

この学校では現場の雰囲気が学生に少しでも伝わるように、病院から現役の看護師や講師を派遣してもらう取り組みも行っている。ただ、学生たちがこの実習を通してリアルな感覚を得ることはなかなか難しいようだ。

看護学生:
実際の患者さんではないので、臨床とか、自分が就職して働き始めた時に戦力になれるかというのが、不安が大きいです

看護学生:
患者さんと触れ合うことができないんですけど、患者さんの気持ちになって体験したりというのを意識して行っています

福岡県内に初めて緊急事態宣言が出された2021年4月以降、県内38の看護学校の中で医療機関での実習を全て予定通り実施できたところは1校もない。
学校は、学生たちが国家試験に合格して卒業した後に「大きな壁」に直面することを懸念している。

福岡市医師会 看護専門学校・山本千代副校長:
(卒業後に)多少、ギャップは感じると思います。やはり実際の患者さんの反応であったり、患者さんへの対応であったり、それに対して実習の指導者の方から直接指導を頂くというのは非常に学びが大きいですので

福岡市医師会 看護専門学校・山本千代副校長:
そこでの学びが出来ないというのは、非常に、今後看護師になってからの影響も大きいかとは思っております

これからを担う看護学生たちを、しっかりサポートする態勢の整備が急務となっている。

(テレビ西日本)