暖かいだけでなく、寝返りしやすい軽さも大切

「寝床内気候」という言葉をご存じだろうか。寝るときの布団の中の温度や湿度のことを表す言葉だ。

まだまだ夜や明け方は寒い日が続き、体が冷えて熟睡できないという人も多いのではないだろうか。今回は快眠のための「寝床内気候」の整え方をお伝えする。

まずは、布団の中の温度。布団の中が寒すぎても暖かすぎても熟睡の妨げになり、33度前後が適切とされている。湿度は50%前後を保つように。寝ているときは汗をかきやすいので、布団の中の湿度が高くなり、寝苦しくなりがちだ。

この記事の画像(3枚)

一方、エアコンで温かくした部屋の中は湿度が低すぎるため、布団をかけ直したりして調整することは難しい。そこで、寝床内気候を保ち快眠に近づけるには「掛け布団選び」が重要になる。

よい掛け布団の条件は、「軽い」「柔らかい」「体のラインにフィットする」の3つ。この条件を満たすのは、羽毛布団、それもダウン80%以上のものが理想。羽毛には優れた温度調節機能や吸放湿性があるため、布団の中の「気候」を適切に保てる。

また、人は眠ると一晩で平均20~30回寝返りを打つ。血液や体液の循環を促して特定箇所に重力がかかるのを防ぎ、寝床内の温度調節を行うために寝返りは欠かせない。

ちゃんと寝返りを打てるようにするためにも、布団が「軽い」状態であることは大切だ。寒いからといって冬は布団を重ねてしまいがちだが、寝返りのためにも軽くて暖かい羽毛布団は理想の寝具と言える。

「寒くなってからあまり熟睡できていない」という方は、寝床内気候に注目して布団を選び直してみてはいかが?

出典:ウェザーニューズ

(東海テレビ)