北京冬季オリンピックのスピードスケートで活躍が期待される小平奈緒選手に、長野市長沼地区のリンゴ農家が熱い声援を送っている。被災地を励ましてくれた感謝と活躍への期待を込めたエールだ。

険しい道のり乗り越え…4度目の五輪へ

小平奈緒選手:
またこの舞台(五輪)に立てることを、すごく楽しみにしています。今の私の生きざまを示せたらいい

4度目のオリンピックへの決意を語った小平奈緒選手(35)。
前回2018年の平昌大会の500メートルで、悲願の金メダルを獲得。連覇への期待が高まる。

年末の代表選考会では、すでに内定していた500メートルに続き、1000メートルで優勝。2種目でオリンピックの切符をつかんだ。

被災地から「お返し」の声援熱く

この大会、特に熱い声援を送ったのが被災地・長野市長沼地区の人たちだ。

台風19号で千曲川の堤防が決壊(2019年10月)
この記事の画像(13枚)

2019年、台風19号によって千曲川の堤防が決壊。練習拠点のエムウェーブからも近い長沼地区は、大きな被害を受けた。

小平選手は災害直後からSNSで被災者を励まし、自ら物資も届けた。

小平選手のツイッター

(小平選手のSNS)
被害に遭われた皆さん、一緒に乗り越えていきましょう

さらに…

被災地でボランティア活動(2020年3月)

実際に現地に入りボランティア活動も。

小平奈緒選手(当時):
シーズン中もずっと活動したいと心にとめていたので、少しでも力になれればという思い。まだやるべきことがたくさんあるんだなと感じました

被災から1年後、小平選手はリンゴ狩りにも訪れている。

被災1年後にリンゴ狩り

受け入れたのは、赤沼でリンゴ園「やまだい農園」を営む西澤穂孝さんだ。

やまだい農園・西澤穂孝さん:
復興具合を見ていただきながら、「リンゴがなってよかったですね」と声をかけてもらった

被災地に足を運んで住民を励ました小平選手。
西澤さんは今度は、自分たちが応援する番だと感じている。

やまだい農園・西澤穂孝さん

やまだい農園・西澤穂孝さん:
被災してから、小平さんからパワーをもらって応援していただいたので、そのパワーを倍増させて気持ちをお返ししたい。試合自体は楽しんで、悔いのないようにやっていただけたらいい

83歳リンゴ農家 小平選手の励ましに感動

リンゴ農家への励ましは、こんなところにも。
2020年10月の全日本距離別選手権、小平選手はリンゴをあしらった赤いユニフォームで大会に出場した。

小平奈緒選手(当時):
堤防決壊で一番被害を受けたのがリンゴ農家の皆さんで、一緒に乗り越えていきたいという思いを込めて…

赤沼地区の田中英男さん(83)。ユニフォームに励まされた農家の一人だ。

リンゴ農家・田中英男さん:
「被災の皆さん元気出してください」という、赤いリンゴのスーツが何よりの励みになっている

田中さんの自宅は、高さ2メートル50センチまで浸水し、「全壊判定」。畑や倉庫も泥水に浸かり、当時は全く先が見通せない状況だった。

リンゴ農家・田中英男さん:
どうなるだろう、リンゴ作りもできるんだか、できないんだか…心が折れそうな時に、赤いユニフォームでレースに臨まれたとお聞きして感動した

ユニフォームに感動した田中さんは、所属先を通じて小平選手にリンゴとお礼の手紙を贈った。

すると、小平選手が田中さんの家を訪問。畑に出かけていたため会うことはできなかったが、小平選手はあるものを置いていってくれた。

リンゴ農家・田中英男さん:
これがそうなんです

 

リンゴが描かれた絵手紙。

リンゴ農家・田中英男さん:
内容は、「体に気をつけてリンゴ作りに励んでください」という励ましの言葉。これには感動しましたね

すっかり、小平選手のファンになった田中さん。
自宅には…

リンゴ農家・田中英男さん:
「りんごの里、長沼から応援しています」という形で応援したんですが

年末の選考会、田中さんはこの応援旗を掲げて会場で応援をした。大事なレースで直接、声援を送りたかったと言う。

リンゴ農家・田中英男さん:
会場のスクリーンでアップになったんです。アップになった時に、(小平選手が)慌てて手を振ってくれて、意思はつながったと思います。北京の(表彰台の)中央に高々と日の丸を掲げてもらいたいね

「滑れることが本当にうれしい」

今シーズンは、医療従事者への感謝を込めた青と白のユニフォームでオリンピック出場を決めた小平選手。
被災地の復旧と自身の復調を重ね合わせ、4度目の大舞台に挑む。

小平奈緒選手:
追われる立場のプレッシャーはまったくなくて、本当にもう滑れないかもしれないという状況を経験したので、また滑れるということが本当にうれしい。スポーツという一つの手段で表現できるということは本当に幸せだと思うので、それを本当にありのまま表現できたらいいかなと思っています

(長野放送)

長野放送
長野放送
記事 647