海上保安庁は午前8時13分、北朝鮮から、弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。

海上保安庁は「船舶は、今後の情報に留意するとともに、落下物を認めた場合は近づくことなく、関連情報を海上保安庁に通報してください」としている。

また海上保安庁は午前8時23分、北朝鮮から発射された弾道ミサイルの可能性があるものは、
すでに落下したものとみられると発表した。

北朝鮮による飛翔体の発射は、2021年10月19日に新型のSLBM=潜水艦発射弾道ミサイル発射に成功したと発表して以来およそ2カ月半ぶり。
北朝鮮は2021年末に党の重要会議を開催し、先端兵器の開発を続ける方針を確認していた。
ミサイルの種類や落下地点、金正恩総書記がミサイル発射に立ち会ったかなど詳しいことは分かっていない。

記事 1238 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。

記事 911 国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。