スマホのバッテリー…長年使用や直射日光などにも要注意

この記事の画像(7枚)

三重・伊賀市で10月、車の助手席に置いてあったスマートフォンのモバイルバッテリーから火が出て軽乗用車1台が全焼し、運転手の男性が左手に軽い火傷を負った。モバイルバッテリーの事故はなぜ起こるのかを調べた。

三重・伊賀市で10月27日、「車が燃えている」と運転手の男性から通報があった。火は30分ほどで消し止められたが、軽乗用車1台が全焼したほか、運転手が左手に軽い火傷を負った。

警察によると、スマホを充電していた「モバイルバッテリー」が、運転中に突然発火したという。

モバイルバッテリーの発火事故は過去5年間で275件報告されていて、中には火傷で大ケガをした人もいる。

名古屋市消防局によると、多くのモバイルバッテリーには「リチウムイオン電池」が内蔵されていて、繰り返し充電して使うことができる。リチウムイオン電池はスマートフォンやタブレット端末にも使われている。

しかし名前にもある「リチウム」は、膨大なエネルギーを蓄えられる一方、ショートなど誤った形でエネルギーが放出されると発火や爆発をする可能性がある。

名古屋市消防研究室提供の映像では、リチウムイオン電池が内蔵されたモバイルバッテリーに圧力をかけていくと、破裂音とともに激しい勢いで炎が噴き出した。

NITE提供の映像では、中の回路がショートした状態で充電をすると、バッテリーは熱を帯び、こちらも激しく爆発した。

国民生活センター提供の、カバンに入れて持ち運んでいる際に発火した映像では、勢いよく煙が立ち上った。カバンの周りも高温になっているのがわかる。

モバイルバッテリーは、床に落とすなどして外から強い衝撃が加わったり古くなることで、内部が破損してショートし、発火の危険性が高まる。

今回の伊賀市の事故も、伊賀市消防本部によると古くなってショートしたか、助手席で充電をしていたということで、直射日光によって高温になって発火した可能性があるという。

名古屋市消防局の小林さんは、モバイルバッテリーを安全に使うために以下の点に気を付けてほしいと話す。

・強い衝撃や圧力をかけない(かばんの中に入れて他の物と激しくぶつかるのも避けてほしい)

・スマホをバッテリーに繋げたまま長時間使用するなど放熱を妨げる使い方をしない

・バッテリーが熱くなる、異臭がする、膨らむといった異変が起きた場合、使用をすぐにやめる

・電気製品の安全基準をクリアした印「PSEマーク」があることを確認する

※画像は伊賀市消防本部提供

(東海テレビ)