基本的には時間と共に消えていくが、原因は未解明

新型コロナウイルスの後遺症について、新しいことが徐々に分かってきた。

アメリカやイギリスでは、感染してから28日が経っても何らかの症状が残っていた場合「後遺症」としている。

一方、日本ではまだ明確な定義がないのが現状で、感染後1カ月以上症状が続くことがあり、それが「後遺症」と呼ばれている。

この記事の画像(4枚)

後遺症には嗅覚障害、味覚障害、脱毛のほか、全身症状として倦怠感や関節痛、しびれ。呼吸器系の症状では咳や息苦しさ、胸の痛みなどがある。

また精神神経への症状で記憶障害や不眠、頭痛や抑うつなどが挙げられる。

10月に国立国際医療研究センターが出した最新の報告によると、軽症であっても後遺症は稀なことではなく、感染から半年たっても4人に1人が後遺症に悩まされているという結果が出た。

また嗅覚障害や味覚障害は若い世代で、さらに「やせ型」ほど出やすい傾向にあるとされている。男性よりも女性のほうが出やすいことも判明し、脱毛は3倍、倦怠感は2倍だという。

後遺症が残る原因についてはまだ詳しく解明されておらず、基本的には時間と共に消えていくと考えられている。

後遺症を回避するには、新型コロナに感染しないようにするしかないため、基本的な対策を改めて徹底することが重要だ。

(東海テレビ)