放置竹林をなんとか生かしたい…自然をイメージし彫刻

宮崎市の中心街、ニシタチに工房兼店舗を構える「駄BAMBOO」。

この記事の画像(11枚)

凛と立つ竹からやわらかな光がこぼれる竹灯籠をはじめ、竹を使ったアクセサリーやキーホルダーなどを製作・販売している。

駄BAMBOO・平木嗣人さん:
自然美をイメージして彫ってるんですけど、波や太陽、最近は笹の葉なんかをイメージして彫っていたりします。

環境問題となっている放置竹林のニュースを見て、なんとか生かす手立てはないかとたどり着いたのが、この竹灯籠だった。露店から始めて以来、18年間活動を続けている。

――こちら光の色が違うように見えるのですが、どうやって表現されているのですか?

駄BAMBOO・平木嗣人さん:
3パターンの穴のあけ方で表現しています

穴の大きさや深さを少しずつ変えることで、彩りに変化を付けているのだ。

灯籠に使用するのは、綾町の竹の間伐材。

乾燥させ、繊細な作業を根気よく繰り返して、1年半から3年の年月をかけて完成させる。

灯りが付いている時はもちろんきれいだが、付いていない時もまた違った表情で楽しませてくれる。

顔料を混ぜた漆を塗ることで、鮮やかな色合いに仕上げたものも。

「見ていて落ち着く」と評判

作品は、イベントのデコレーションとしても、ホテルやお店のオブジェとしても人気がある。

店舗の向かいの中華料理店にも、平木さんの竹灯籠が飾られている。

ぶたまん 店主・日髙玲さん:
2年ほど前に作っていただいたんですけど、お店に来たお客さんも「これは?」と言って関心があって。やっぱり竹ですのでね、見る方が落ち着く感じがするから気に入っています

駄BAMBOO・平木嗣人さん:
最近、何かとストレスを感じると思うのですが、竹灯籠の灯りで皆さんが癒されてもらえれば、うれしいなと思います

月明りを思わせる、静かであたたかな光。秋の夜長にやさしく寄り添う。

(テレビ宮崎)