コロナ禍で苦しむ"子育て家庭と飲食店"…2つをつなぐ「無料弁当」 地域住民から広がる支援の輪【北海道発】
感染拡大… 新型コロナウイルス

コロナ禍で苦しむ"子育て家庭と飲食店"…2つをつなぐ「無料弁当」 地域住民から広がる支援の輪【北海道発】

北海道文化放送
北海道文化放送
国内

コロナ禍で苦しむ子育て家庭と、苦境に立たされた飲食店を結ぶ新たな取り組みが、北海道帯広市で行われた。「弁当」で広がる支援の輪とは、一体どのようなものか。

お菓子や生活用品も “年の数”を目安に注文

弁当を受け取った人:
ありがとうございます。すごく助かる

エビフライやグラタンが入ったお弁当。9月25日、帯広市で子育て家庭を対象に無料で配られた。

この記事の画像(9枚)

地域住民が参加し、子育て家庭と飲食店の双方を支援。

企画したのは「とかち子育て支援センター」の長岡行子さん。

普段は子育て相談や子どもの居場所作りなどを行っている。コロナ禍で保護者の失業や、子育て家庭の孤立を目にすることが多くなったという。

とかち子育て支援センター 長岡行子さん:
パートの母親が仕事の時間が少なくなり、月6~7万円の収入があった人が4万円になってしまうなど、低所得の人がさらに低所得になっています

その「子育て家庭」と、やはりコロナ禍で苦境に立たされている「飲食店」を支援する新たな枠組みを作った。

地域住民に協力を募り、協力する人は自分が支援したい飲食店で弁当を購入。その弁当が希望する人に無料で渡されるという仕組みだ。午後4時から配布を始め、60世帯が受け取った。

受け取った人:
仕事がすごく減ってしまい、出勤日がなくなりました。子どもたちも喜んでお弁当を食べると思います

受け取った人:
休職中で経済的に厳しいので、娘たちに食べさせるのに…。中学生2人なんですよね

受け取った人:
全てうれしいですね。全部使えるものですし、食べられるものなので。シングルマザーなので、本当に助かってありがたいです

弁当だけでなく菓子や地元の野菜、生活用品なども届いた。協力者は自分の年の数を注文することが目安とされている。中には3人分の年齢を合わせた、120個の「たい焼き」を購入した人も。

支援した人:
1食作らなくていいだけでも気持ちがすごく楽になる。普段食べないものを食べるだけでも、楽しい気持ちになれると思って支援しました

「おいしい」の声が飲食店の励みに

帯広市の居酒屋「男こぶし」では、地域住民から30食の注文があった。

居酒屋 男こぶし 佐藤忠さん:
コロナ禍で売り上げは4分の1くらい。営業もほとんどできない状態なので、弁当を食べて子どもに喜んでもらえたら。「おいしかった」と言ってくれればそれだけで十分

無料配布は1カ月おきに行っていたが、参加する人が増えたため、今後は毎月行う予定だ。

とかち子育て支援センター 長岡行子さん:
思い出してもらえたら…。顔を見て不安なことや心配なことを聞けるのは、大事なことだと感じました

コロナ禍に見舞われた子育て家庭を地域でどう支えていくか。支援の輪が広がる。

(北海道文化放送)

北海道のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

感染拡大… 新型コロナウイルスの他の記事

「今は過剰に心配せず基本の徹底を」“オミクロン株”と“3回目…

「今は過剰に心配せず基本の徹底を」“オミクロン株”と“3回目…

国内
新型コロナ 東京都で新たに11人の感染を確認

新型コロナ 東京都で新たに11人の感染を確認

国内
「オミクロン株」2例目は南米から…国内濃厚接触者は70人 ワクチ…

「オミクロン株」2例目は南米から…国内濃厚接触者は70人 ワクチ…

国内
新型コロナ 東京都で新たに21人の感染確認 先週水曜日から16人増

新型コロナ 東京都で新たに21人の感染確認 先週水曜日から16人増

国内
【速報】オミクロン株  国内2例目の感染確認 ペルーから入国

【速報】オミクロン株 国内2例目の感染確認 ペルーから入国

国内
“オミクロン株”への対策は…感染症専門医「3回目接種の推進を…

“オミクロン株”への対策は…感染症専門医「3回目接種の推進を…

国内
一覧ページへ
×