「記憶に残るピザ屋」に…石窯で焼くピザが人気のキッチンカー 脱サラで芽生えた“薪のある生活”への憧れ
ニッポン全国 注目スポット

「記憶に残るピザ屋」に…石窯で焼くピザが人気のキッチンカー 脱サラで芽生えた“薪のある生活”への憧れ

東海テレビ
東海テレビ
国内

訪れた場所は12年で1000カ所以上 石窯で焼いた本格的なピザ

愛知県一宮市に石窯で焼くピザが人気のキッチンカーがある。店を営む58歳の男性は、12年前に車に石窯を積み、薪の火でピザを焼くスタイルで店を始めた。

高温の窯で一気に焼き上げたアツアツの「マルゲリータ」や「チーズのはちみつがけ」。男性は、自慢の石窯ピザで笑顔を届けている。

この記事の画像(26枚)

12年前、愛知県一宮市で始まったキッチンカー「石窯ピザ屋台 ボッケーノ」。

店舗を持たず愛知県を中心に岐阜や三重などにも出向き、ナポリピザを焼いて販売してきた。出店場所は毎日変わり、これまでに訪れた場所は1000カ所以上にのぼる。

焼きたてピザを作る店主の若尾直哉さん(58)。この日は、名古屋市中区の東別院を訪れた。

若尾直哉さん:
(週に)3~4日くらいは出ていますね。色んな場所で色んな人と出会えるのがおもしろい

午前8時半。看板を出し厨房となる車内を整えると、ピザを焼く石窯の準備にとりかかる。ピザがおいしく焼ける温度は約350度。薪に火をつけ、ゆっくりと1時間半かけて窯全体をあたためる。

この“薪の炎”こそが、若尾さんが移動販売を始めるきっかけだった。

「薪のある暮らしがしたい」46歳で脱サラし石窯ピザの移動販を始める

もともと名古屋市内のアパレル会社に勤めていた若尾さんは、40代で管理職になると「このままでいいのか?」と疑問を持ち、46歳で退職。そのとき心に芽生えたのが…。

若尾直哉さん:
薪のある暮らしがしたくて。じゃあ山に行って暖炉で…とか考えたんですけど、なかなか生活とのバランスがうまくいかず

山での暮らしを家族に反対された若尾さんは、車に積める小型の石窯があることを知り、「これを商売にできないか」と考えた。

「石窯でピザを焼くと毎日、薪が焚ける」。若尾さんは車に石窯を設置し、ピザの作り方を一から学んだ。半年後、東海地方初の石窯ピザの移動販売店をオープン。しかし、当時は出店できる場所はほとんどなく、苦難の日々が続いた。

出店場所を開拓し続け2年…。様々なイベントやマルシェなど活動の場を広げていくにつれ、徐々に「石窯でおいしいピザを焼く移動販売車がある」と噂になっていった。

若尾直哉さん:
主役はコイツ(石窯)。お客さんも窯の中の炎を見にいらっしゃる方は多い。この炎が好きだっていう方が多い

モチモチ生地とチーズがおいしい…高温の窯で焼き上げたアツアツのピザ

食材にもこだわっている。特に自慢なのは「ピザの命」という生地。国産小麦を使い、ビール酵母で2日間低温発酵。手間もコストも惜しんでいない。

午前10時、いよいよ開店。すぐに人が集まった。注文が入ってから、生地を一枚一枚手で伸ばす。

手作りのトマトソースに、モッツァレラチーズ。そこにフレッシュバジルをのせ、パルメザンチーズとオリーブオイルをふったら石窯へ。

高温で一気に、1分以内で焼き上げる。チーズの溶け方、生地の焦げ具合を見て、少しずつ場所を変えながら付きっ切りで焼く。数秒違うだけで仕上がりが大きく変わる真剣勝負だ。

ボッケーノの看板メニュー「マルゲリータ」(800円)。焼き上がりからわずか15秒でお客さんの元に。焼きたてアツアツが提供できるのは、移動販売車ならでは。

もう1つのレギュラーメニューは「4種のチーズのはちみつがけ」(900円)だ。

女性客A:
モチモチの生地がおいしい、チーズと。しょっちゅう来ています。大好きです

定番メニューの他に日替わりピザは2種類あり、毎回違うメニューが楽しめる。この日は「牛すじのカレー煮込み」(900円)に…。

「オイルサーディンとズッキーニ」(900円)だった。

一期一会を大切に ピザを焼きながら客との交流も楽しむ

午前11時半、キッチンカーの前には行列ができていた。若尾さんは40度を超える車の中で、休む間もなくピザを焼き続けた。

「一期一会。その機会を大切にしたい」と、若尾さんはピザを焼きながらお客さんとの会話も欠かさない。お客さんは会話をしたり窯の中を覗いたりと、待っている間も退屈しない。

女性客B:
普通だったら出てくるまで退屈ですけど、見ているのもおもしろい

2020年はコロナ禍でイベントやマルシェが中止になり、出店回数が激減。この場所にボッケーノが出店するのも、この日が2カ月ぶりだった。

女性客C:
おいしかったので、またどこかで出会えたらいいなと思っていたら…

女性客D:
「待ってました!」という感じです

若尾直哉さん:
コロナで忘れられちゃって、お客さんが来ないんじゃないかと不安はあったので…。本当に嬉しいですね

「何かを残していけたら」後輩のためにランチマーケットも開催

別の日。若尾さんが向かった先は、一宮市にある自宅近くの一角。

そこで開催されていたのは、4台のキッチンカーが並ぶ「渋ビル百貨店 ランチマーケット」(毎週木曜日 午前11時~午後2時開催)。コロナ禍で出店場所を失った時に若尾さんが立ち上げ、後輩たちの出店場所として開放している。

ランチマーケットに出店している女性:
毎回、(若尾さんに)いろんなことを教えてもらえる。困ったら相談して

ランチマーケットに出店している男性:
すごい方なので…。みなさんを巻き込んで色々やってくれていて、尊敬する先輩です

若尾直哉さん:
キッチンカーをやっている子たちが楽しんでいる姿を見ると、ホッとするというか嬉しいというか…。後輩たちに何かを残していけたらなと思いますよね

「記憶に残るピザ屋」をテーマに掲げる若尾さん。石窯ピザで元気と笑顔を届けている。

(東海テレビ)

愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

ニッポン全国 注目スポットの他の記事

世界一危険な鳥「ヒクイドリ」が発する“恐怖の鳴き声”が話題 …

世界一危険な鳥「ヒクイドリ」が発する“恐怖の鳴き声”が話題 …

地域
“映え”狙って喫茶店が考案「バナオレジュース」 インスタで新…

“映え”狙って喫茶店が考案「バナオレジュース」 インスタで新…

話題
サウナ後に待つ“奇跡の水”…「水と体が1つになるよう」男性ア…

サウナ後に待つ“奇跡の水”…「水と体が1つになるよう」男性ア…

地域
厳島神社「大鳥居」70年ぶり大規模修理の現場潜入…屋根の葺き替…

厳島神社「大鳥居」70年ぶり大規模修理の現場潜入…屋根の葺き替…

話題
カープ選手がプロデュース! マスカットソフト&梨シェイク…野…

カープ選手がプロデュース! マスカットソフト&梨シェイク…野…

地域
遠距離恋愛もこれまでにない“遠さ”…コロナ下の空港展望デッキ…

遠距離恋愛もこれまでにない“遠さ”…コロナ下の空港展望デッキ…

暮らし
一覧ページへ
×