期待の新素材に「営業活動しなくてもクライアントさんの方から相談が」

この記事の画像(10枚)

プラスチック製品は、作る過程で石油を使うことや海洋汚染の問題などから、最近は敬遠されがち。そんなプラスチックの代わりとなる環境に優しい「新素材」が注目を集めている。

名古屋市内にある100円ショップ「セリア」。

リポート:
こちらのお店で使われているレジ袋、実はある新素材でできているんです

一見よくあるレジ袋だが、よく見ると光沢が少ない質感。これが「LIMEX(ライメックス)」。環境に負荷が少ないと期待されている新素材だ。

主に石灰石からできているLIMEX。石灰石は枯渇の恐れがないとされ、日本でも採れるため、輸入しなくても賄える。

LIMEXは、加工すればプラスチックのように固いものから、レジ袋のように薄いものまで自由自在に作れる。レジ袋の場合、つなぎの部分にプラスチックも使っているが、使われる量が減った分、環境には優しくなっている。

この会社では、2020年7月のレジ袋有料化に伴ってLIMEXのレジ袋を取り入れた。この1年あまりで減らしたプラスチックの量は「1700トン」、CO2換算で1万トンの削減となった。「丈夫で繰り返し使える」と、お客さんからの評判も上々だという。

一方、半田市にある印刷会社で印刷されているカレンダーもLIMEXでできている。

脱プラスチックの役割が期待されているLIMEX。実は「紙」の代用品としても期待されている。

破れにくく、水にも強いLIMEX。名刺や、飲食店のメニュー、化粧品ボトルにつけるタグなど、紙の代わりとしても活躍している。

この会社では、3年前にLIMEXを扱い始めてから、東京などの6,7社から新たに問い合わせがあったとのこと。

半田中央印刷の社長:
こちらの方から一生懸命営業活動して入るというよりも、クライアントさんの方から先に相談があるという感じです。紙も静脈産業といって、チリ紙交換じゃないですけど、紙も環境に優しい素材になります。しかし、LIMEXは耐水性の高いシートで、お客様にとって選択肢が多いということ、選択肢をきちんと用意しておくことが、供給側としては大事なことじゃないかなと思っています

新たなビジネスとしてLIMEXの普及を目指している広告会社「新東通信」。モノづくりの盛んな地域だからこそ、利用が進むのではと期待している。

新東通信の執行役員:
お皿であったり、イベントやお祭りなどで使うトレーとか、その先には、このエリアは自動車産業の非常に大きな集積地ですので、自動車内装部品であったりだとか、まだまだ応用を利かせていって、市場をどんどん広げていければと思っています

いずれはクルマの部品にも…。LIMEXは東海地方のモノづくりに欠かせない存在になるかもしれない。

(東海テレビ)