9月1日、名古屋市の河村たかし市長(72)が新型コロナウイルスに感染したことが判明。2回のワクチン接種後に感染した、いわゆる「ブレイクスルー感染」だった。

ワクチンを接種している人は増えているものの、その後、ブレイクスルー感染をする人は実際どのくらいいるのか、調査した。

専門家「ワクチン接種後も感染対策を」

厚生労働省の専門家会議で9月1日に公表された、2021年7月の1カ月間の感染者のデータでは、65歳以上でワクチンを2回接種しブレイクスルー感染した人は、全国で983人確認された。そのうち12人が亡くなっていて、死亡率は1.22%だった。

ワクチン未接種で感染した人は3289人で、そのうち93人が亡くなり、死亡率は2.83%だった。

愛知県がんセンター病院の伊東直哉医師によると、ブレイクスルー感染が起きる理由として以下の4つが考えられるという。

1. ワクチンの効果は100%ではない
2. 接種で獲得できる免疫の強さには個人差がある
3. 十分な免疫が持続する期間が短い可能性がある
4. ウイルスが変異すると効果が落ちる恐れがある

この記事の画像(2枚)

また、伊東医師は「ワクチンの接種でリスクはゼロにはならない。ただ、感染予防効果があるのはもちろん、重症化や死亡リスクを格段に下げる効果がある。接種をした上で、引き続き感染対策をしてほしい」と話している。

(東海テレビ)