菅総理大臣は3日午前の役員会で、今月17日告示・29日投開票の自民党総裁選に出馬しない意向を表明した。

二階幹事長は役員会終了後、記者団の取材に応じ「菅総裁からコロナ対策に専念したいということで、総裁選不出馬の発言があった」と説明した。その上で「党役員に関しては人事を撤回されました」と述べ、菅総理から6日にも行われる予定だった党役員人事も行わないと伝えられたことを明らかにした。

二階幹事長は菅総理の総裁選不出馬について「正直びっくりしている、考えに考えた末の決断されたのであろう。総裁のお考えを受け入れて今後の党運営にまい進していきたいと思っている」と述べた。

二階幹事長は菅総理の総裁選不出馬について「けさ聞きました」と話した上で「この一年間、ずいぶん活躍をなさった。執行部と党との間にも何のゴタゴタもなかった。私は歴史的にも素晴らしいことではなかったかと思って今思い返している」と評価した。